日経ビジネスONLINE Special 週刊日経ビジネスオンライン SPECIAL日経ビジネスオンライン

最新の住宅設備で快適な生活。低金利の今こそ建て時!

地球温暖化、石油資源の枯渇などへの対応として、日本でも省エネルギーへの取り組みが国策となっている。その一つが住宅のゼロ・エネルギー化だ。自分の家で使うエネルギーは自分の家で賄う。「光熱費ゼロ円」となり得る家づくりのポイントをまとめた。

消費する分のエネルギーを自分の家でつくり出す

 人が生活していくうえでは、照明、調理、給湯、冷暖房など、さまざまな場面でエネルギーを消費する。ゼロ・エネルギー住宅では、そうしたエネルギーについて「家の断熱・気密・設備機器などの性能を上げて省エネによってエネルギー消費量を減らす」、「太陽光など、化石燃料以外の自然の力を活用して生活消費分のエネルギーをつくり出す」という二つの方向で、最終的に「自分の家で使うエネルギーは自分の家で賄う」ことを目指している。こうした住宅のことを、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を略して「ZEH(ゼッチ)」と呼んでいる。

 日本では、2014年4月に閣議決定された「エネルギー基本計画」によって、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標が設定されている。

 これに基づき、現在は、国土交通省による「住宅のゼロ・エネルギー化推進事業」、経済産業省による「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業」などが実施されており、住宅会社や建材メーカーなどもゼロ・エネルギー住宅をフォローする方向で商品開発を進めている。

今回、資料請求いただいた方の中から、抽選で10名様に三菱UFJニコスギフトカード(3000円分)をプレゼントいたします。

■資料請求対象企業
大和ハウス住友林業旭化成ホームズ

■応募期間
2016年4月29日(金)~7月29日(金)

■請求方法
上記の資料請求用のバナーをクリック。日経ビジネス2016年5月2日号の「資料請求」ボタンをクリック。資料を請求したい企業にチェックして、必要事項をご入力のうえ、ご請求ください。

当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。