日経ビジネスONLINE Special 週刊日経ビジネスオンライン SPECIAL日経ビジネスオンライン

暮らしを楽しく豊かにするアウトドアリビングのある家

家族が揃って最も長い時間を過ごす場所は、リビングだろう。テレビがありソファがあって、食後や休日にはゆるやかな団らんの時間を過ごせる大切な空間。家族が集まる場所だけに、できるだけ心地よくしたいもの。その大切なリビングを空の下にも設け、自宅でも手軽にアウトドアライフを楽しもうという提案を、ヘーベルハウスでおなじみの旭化成ホームズが行っている。

光と風を感じられるプライベート空間を持とう

そらのま
[画像のクリックで拡大表示]
そらのま間取り図
[画像のクリックで拡大表示]

リビングというと、どんなキーワードが思い浮かぶだろうか。一家団らん、DVD鑑賞、くつろぎ読書、ホームパーティなど、さまざまな言葉が想起される空間がリビングだ。日本の多くの家屋では“居間”と呼ばれていた頃から、各家庭の中心にあった。

そのような中、家族が集う場所を家の中だけではなく、家の外にもっていくという新たな提案がある。

それが、O・LDK=OUTDOOR+LDKという発想だ。

リビングの先に、光と風を感じられる広々としたプライベート空間を設け、友人を呼んでバーベキューをしたり、プールを広げて子どもと一緒に遊んだり、さまざまに楽しめる。家で過ごす時間が特別なものに変わり、休みの日の過ごし方そのものも変化する。

そこで、“そらのま”だ。そらのまとは、2階のリビングの延長上に設ける、奥行きのあるバルコニー空間。奥行きが短く、その用途が洗濯物を干すなど限られた使い方しかできない一般的なベランダとは異なり、食事も遊びも楽しめる、半屋外のマルチスペースだ。

そらのまとは、と説明を続けるよりも、写真を見てもらった方が早いだろう。それは壁やルーバーで囲まれた、まるで天井のないリビングだ。

リビングとそらのまとの間にあるのは大きな窓なので一体感があり、実際の面積以上の広がりが感じられる。「リビング+奥行のない細長いベランダ」より、「リビング+まとまった空間を確保した『そらのま』」の方が、より豊かな家族だけのプライベート空間をもたらす。それでいて視線は遮られているので、日中はカーテンを締め切る必要がない。上からは十分な光が降り注ぎ、周囲の視線を遮るルーバーの間を風が通り過ぎる心地よい空間だ。

テーブルを置いて休日のブランチを楽しむのも良し、ヨガマットを敷いてリラックスするのも良し、子どもたちの遊び場としても、夫婦でお酒を片手に語り合うスペースとしても、朝も日が暮れてからも、何通りにも利用できる。