国内銀行初、住信SBIネット銀行がAPIを外部公開した理由 ネット専業銀行の住信SBIネット銀行は、国内銀行としては初めてAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)を公開した。提携先企業のサービス向けとして、API接続で残高照会や入出金明細照会などの機能を提供。その第1弾として、マネーフォワードが提供するサービスとのAPI接続を開始した。銀行のシステムとつながるAPIにとって、セキュリティーの担保は必須条件となる。同行はこの問題をどのようにクリアしたのか。また、FinTech企業との連携は双方にどのようなメリットをもたらすのか。

金融サービスを取り巻く環境の変化。そこで住信SBIネット銀行が選択した手段とは 続きを読む