「IBM Watson」でビジネス・プロセスを変革

専門家の業務パフォーマンスを
飛躍的に向上させるCBO

デジタルデータが爆発的に増え続ける中で、スキルを持ったナレッジワーカー(専門家、知的労働者)が不足し、顧客満足度の低下やビジネスチャンスの逸失を招いている。それを解決する1つの方法が、ナレッジワーカーの業務パフォーマンスを飛躍的に向上させるコグニティブ・ビジネス・オペレーションズ(CBO)だ。

IBMのコグニティブ(認知型)・コンピューティング・システム「IBM Watson(以下、Watson)」と、業務の標準化、自動化、可視化、改善などを行うビジネス・プロセス・マネージメント(BPM)を融合。自然言語やさまざまな大量データ(構造化・非構造化)を理解・認識して意思決定を支援するWatsonを活用することにより、専門知識を要するビジネス・オペレーションの効率的な実行をサポートする。

CBOはすでに「専門作業の自動化」「専門知識の補完」「パターンを発見・予測し、瞬時に対応」など、さまざまな分野で適用され、その効果を発揮している。企業はCBOをどのように活用し、それによってどのような効果を得ているのか。

複雑な専門業務のためにIBM Watsonとビジネス・オペレーションを融合