日経ビジネスONLINE Special 週刊日経ビジネスオンライン SPECIAL日経ビジネスオンライン

企業競争力を高めるIT運用の条件とは?

企業経営におけるIT環境が大きく変貌しつつある。新しい技術やサービスの進展で、IT運用の巧拙が企業競争力を左右するようになったのだ。こんな時代にはIT運用のアウトソーシングも有力な選択肢だ。日本屈指のSIer、NTTデータのグループ会社でIT運用のスペシャリスト集団、NTTデータSMSのサービスに注目してほしい。

事業継続への影響を可視化する仕組みが必要

IT運用の巧拙が企業の 命運を左右する 株式会社NTTデータSMS ソリューションビジネス事業本部長 池㞍 博明 氏

 この数年で、企業におけるITの在り方が大きく変わった。システム1つとっても、それは明らかだ。これまで企業の情報システムといえば、オンプレミス(社内運用)の形態で自社の業務データを処理するのが一般的な活用方法だった。しかし現在は、IT基盤の選択肢が急速に増えた。中でもクラウドサービスは、企業が事業機会をつかむ上で有力な選択肢だ。

 このように、IT基盤と情報の多様化で、企業の情報システムの役割が大きく変わりつつある。NTTデータSMSの池㞍博明ソリューションビジネス事業本部長は、「従来はシステムの安定運用、保守運用コストの削減が情報システム部門の大きな役割でしたが、今後は自社の製品・サービスの競争力を高めることも求められるでしょう」と指摘する。つまりこれからは、ITの運用方法が企業競争力を左右する時代なのだ。

 今、IT運用に求められる要件を端的に表すと、①システムの継続的な安定稼働、すなわち可用性を確保すること、②事業の現場が求めるシステムを早期にデリバリーすることの2つだ。①はサステナビリティー(事業の持続可能性)を、②は製品・サービスの競争力を左右する。

 システム要員を大勢抱える大企業以外は、多様化したIT基盤と情報を使いこなしていくことは困難。そのため、まずは経営層が自社のIT運用の状況を把握することが不可欠だ。どの業種でも、経営層は自社の基幹事業を支える設備や機器の状況を把握しているはずだ。さまざまな業務がITに大きく依存している現在、ITに関することに経営層が関与することも必要だろう。事業継続に支障を来すような事案が発生しているか否か、可視化することが求められる。

「情報」と「IT基盤」の多様化によってITの在り方が変わる
「情報」と「IT基盤」の多様化によってITの在り方が変わる これまで自社内に閉じていた情報とIT基盤が多様化することで、情報システムの在り方は大きく変わる。既存業務の自動化・省力化だけでなく、新たな事業機会を生み出すことが主要な役目になる。IT運用の巧拙が企業経営を左右する時代が始まった

IT運用のプロ集団によるアウトソーシング

 こうした要請に応えるのが、NTTデータSMS が提供するアウトソーシングサービスだ。同社は公共分野(官公庁、自治体など)、金融分野(銀行、決済インフラなど)、法人分野などさまざまな規模のシステム構築やITサービスを提供しているNTTデータのグループ会社。NTTデータが開発した社会インフラシステムやミッションクリティカルなシステムを長年運用してきた実績を持つ、「IT運用のプロフェッショナル集団」だ。

 営業やスタッフ部門を含めたほぼ全社員が、ITサービス管理のデファクトスタンダードと呼ばれる「ITIL®」の資格を取得している(そのうち約4割が「エキスパート」「インターミディエイト」と呼ばれる上位資格者)。複雑な操作を行うこと無く設定・利用できるITサービスマネジメントツール、複数人同時顔認証により2人以上での作業を確実にする端末不正操作防止ソリューションなども自社開発。システム基盤の技術者集団もいるため、サーバーやネットワーク環境の構築にも対応可能だ。

リモート運用サービスを提供する「SMOOSセンタ」

さまざまなIT運用サービスをワンストップで提供するNTTデータSMSの「SMOOSセンタ」。海外のクライアントとも、24時間365日対応可能だ

 同社ではこれまで培った運用ノウハウを凝縮した「NTTデータ品質」のリモート運用サービスを、NTTデータ以外の企業にも直接、提供している。その拠点が「SMOOSセンタ」だ。システムの遠隔監視からシステムのオペレーション、アカウント管理、ハウジング、PCキッティングまでさまざまなサービスをワンストップで提供。オンプレミスのシステムだけでなく、クラウドサービスと組み合わせたハイブリッドクラウドにも対応している。バイリンガルサービスデスクもあるので、海外拠点を含めたIT運用にも対応可能だ。

 利用者にとっては、運用コストを固定費から変動費に代えられる利点もある。他社の同種のサービスでは、サーバーやネットワーク機器台数(ノード数)に応じた課金体系になっているケースが多いが、同社では作業件数に応じて課金する。顧客は工夫次第で運用コストの削減が可能だ。同社でも運用自動化ツールを自社開発し、対応不要な監視アラートについては課金を発生させないなど、運用コスト削減の取り組みを行っている。

 運用の専門家が担当する導入支援サービスの利用で、早いものでは1~2カ月でリモート運用が開始可能だ。このセンターはISO9001、ISO/IEC20000、ISO/IEC27001の認証を取得し、IT運用サービスを可視化している。顧客にとって「プロのわざ」がサービス単位で購入できるのは、大きな魅力だ。

お問い合わせ

株式会社NTTデータSMS
〒135-8678 東京都江東区豊洲3-3-9 豊洲センタービルアネックス3F
TEL 03-6803-5025
URL http://www.nttdata-sms.co.jp/