日経ビジネスONLINE Special 週刊日経ビジネスオンライン SPECIAL日経ビジネスオンライン

AWS FOCUS ON サイオステクノロジー

サイオステクノロジー株式会社

システムの信頼性と既存環境を
そのままAWS上へ移行可能に

停止することが許されない基幹システムなどをオンプレミス(社内運用)からクラウド上へと移行する際、既存の環境に変更を加えず、極力そのままの形で移行してリスクを低減したいというニーズは強い。サイオステクノロジーの「SANLess Clusters on AWS」は、こうした課題を解決。IDOM(旧ガリバーインターナショナル)などが利用する。

 クラウドサービスの認知が広がるにつれ、生産管理や決済のような基幹業務を支えるミッション・クリティカル・システムをクラウド上で稼働させるケースも増えてきた。こうした既存のシステムをオンプレミスからクラウドに移行する際に課題となるのが、システムを継続して稼働させる可用性だ。

 既存の可用性を維持させたいというニーズの一方で、リスクやコスト、時間を削減する観点から、クラウドへの移行において新たな開発や運用作業の変更をできるだけ行いたくないというニーズも多い。この2つのニーズを満たすのが、サイオステクノロジーが提供しているソリューション「SANLess Clusters on AWS」である。

 クラウドやオンプレミスなどシステム基盤の種類を問わず、耐障害性を高めるため「クラスタリング」と呼ばれるシステム形態が採用されるケースが多い。同じ構成のシステムを2台稼働させ、障害が発生しても業務を継続することを可能にする。しかし、2台でストレージ(記憶装置)を共有するなどといったシステム形態によっては、クラウドにそのまま移行できない場合がある。それを解決する新たな仕組みとして、SANLess Clusters on AWSが有効だ。データをリアルタイムで同期・複製する機能などを備え、共有ストレージの代わりを果たす。

御舩氏_吉岡氏
移行期間を短縮でき運用作業もそのまま

 クルマの買取販売店「ガリバー」を運営するIDOMも、前述のような課題を抱えた企業の1つだった。同社は、アマゾン ウェブ サービス(AWS)を生かした新規構築・再編成と並行して、オンプレミスからAWSへ、既存システムの移行を行った。クラスタリングのシステム形態で運用していた業務システムを移行する際に、この課題に遭遇した。2台のシステム間で共有ストレージの利用を前提としており、それをAWSのサービスを使って実現するには追加開発をする必要があったのだ。

 そこで、SANLess Clusters on AWSを導入して、システム構成をほぼ変えずにAWS上への移行を実現。サイオステクノロジーの吉岡大介氏は「新たなシステム開発を行わずにすみ、そのうえ既存の運用オペレーションのままでオンプレミスからAWSへ短期間で移行できます」と強調する。

 また「業務システムの災害対策でも、SANLess Clusters on AWSを導入するお客様が急増しています」と、サイオステクノロジーの御舩洋氏は説明する。SANLess Clusters on AWSを導入しておけば、システムに障害が発生した場合に、自動で切替が行われ稼働を続けることができる。特別な形態や機能でデータの複製・保存を実現するストレージ製品に比べ、安価なコストで実現できるという。2台のシステム構成での利用に加えて、1対N構成、N対1構成、WAN(ワイド・エリア・ネットワーク)をまたいだ遠隔地構成にも対応している。



ロゴ
お問い合わせ
  • サイオステクノロジー株式会社

    〒106-0047
    東京都港区南麻布2-12-3 サイオスビル

    TEL:03-6859-8630(代表)

    URL:http://sios.jp/bcp/cloud-ha/aws/