日経ビジネスONLINE Special 週刊日経ビジネスオンライン SPECIAL日経ビジネスオンライン

企業経営と働き方改革を考えるイベント開催

法案の成立もあって注目を集める「働き方改革」だが、その改革が個人の幸せにつながるには、企業がどう変わるのかという視点が欠かせない。働き方改革の中で企業はどのような経営戦略を描き、事業戦略や人事制度をどう変えていくべきか。課題解決に向けたヒントを得るだけでなく、ビジネスマッチングの場まで用意された参加型イベント「Future of Work Japan 2018」が9月6日(木)・7日(金)の2日間、東京・虎ノ門ヒルズで開催される(主催:株式会社ビズリーチ)。

企業が変わらなければ、働き方改革は成功しない

 働き方改革では「個人」に注目が集まりがちだ。従業員の未来にはどのような幸せが想定され、どのような考え方やスキルが必要なのか。また、それを受けて企業はどのような職場環境や人事制度を用意すべきかということが議論されるケースが多い。しかし、多くの個人が企業に所属して働いているだけに、新しい働き方が企業の競争優位性の確立や持続的成長の実現につながる必要がある。

 そのため、働き方改革は「人事」という枠にとどまらない。インターネット、モバイル、IoT(モノのインターネット)、AI(人工知能)といったITの劇的な進化を背景に進む働き方の変化は、企業活動自体に大きな影響を及ぼす。その環境の中で企業はどのような経営戦略を描き、どう事業を展開していくのか。そこから求められる人事制度も見えてくる。

 こうした視点から、経営者、事業責任者、人事部門までを対象に、業種・業態を超えて“新しい働き方を創る”ためのイベントが開催される。それが未来の経営と働き方に出会うEXPO「Future of Work Japan 2018」だ。政治の中心である霞が関にも近い東京・虎ノ門ヒルズで9月6日(木)・7日(金)の2日間にわたって開催される。テーマは「働き方改革で企業はどう変わるのか」である。

 主催は「Future of Work実行委員会」で、人材領域を中心としたインターネットサービスを運営するビズリーチ、クラウドベースのCRM(顧客情報管理)、SFA(営業支援システム)を提供するセールスフォース・ドットコム、シームレスなチームワークのためのプラットフォームを提供するSlack Technologiesなど、働き方改革を支援する企業で構成されている。

多種多様なセッションとマッチング、展示会で構成

 Future of Work Japan 2018は、大きく3つの機能で構成されている。ユニークな組織づくりや先進的な人事制度の事例から知見を得るための「セッション」、出展者と参加者が話し合い、経営や働き方の変革のきっかけを得る「ビジネスマッチング」、そして組織の課題解決や生産性向上につながるサービスやプロダクトなどの知識を得るための「展示会」である。

Future of Work Japan 2018がご提供できること
[画像のクリックで拡大表示]

 セッションでは、立場の異なるユニークなキーパーソンの講演が数多く用意されている。働き方改革で知られるネスレ日本の代表取締役社長兼CEOの高岡浩三氏と、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンをV字回復させた日本を代表するマーケターである森岡毅氏が基調講演を行い、一橋大学ビジネススクール教授の楠木建氏、スカイマーク代表取締役会長の佐山展生氏、セールスフォース・ドットコムの代表取締役会長兼社長の小出伸一氏、日本マイクロソフト代表取締役社長の平野拓也氏などが講演する。

 著名な大企業の経営者の講演だけではないこともセッションの特徴だ。RIZAPグループの代表取締役COOの松本晃氏、青山学院大学の陸上競技部の監督である原晋氏、テックベンチャーの旗手の一人であるSHOWROOM代表取締役社長の前田裕二氏といったユニークな顔ぶれも登壇する。

 講演の内容もユニークだ。未来の経営のあり方を具体的に示唆するものが多い。伊藤忠商事を経てジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人の社長などを歴任したRIZAPグループの松本晃氏の講演タイトルは「Change, or Die! 〜業績に直結する新しい働き方・稼ぎ方とは?〜」だ。競争環境が変化する中での新しい“稼ぎ方”に注目したものとなっている。

 また、CRMシステムを導入して低迷する旅館を立て直し、その過程で開発したソフトウエアを販売して同業者の互助ネットワークを拡大する陣屋の代表取締役女将の宮崎知子氏の講演では、「働き方を変える」ところからではなく「経営方針を変更する」ところからスタートした経営変革への取り組みに関する講演が予定されている。

事前のコンタクトなど参加型イベントを目指す

 Future of Work Japan 2018 のユニークなところは、セッションで話を聞くことができるだけでなく、参加者同士で意見交換が行える参加型イベントであることだ。それを実現するのがビジネスマッチングである。業種や取り扱いサービス、抱えている課題など、様々な条件やキーワードで出展者や参加者を探し出し、事前にコンタクトして打ち合わせの予定を組むことができる。

ビジネスマッチング
[画像のクリックで拡大表示]

 展示会でもユニークな仕掛けが用意される。展示会では、企業経営や働き方の変革を支援する最新のテクノロジーを駆使した具体的なサービスやプロダクトが一堂に会する予定で、こちらも事前のマッチングが行える。クローズドなSNSを使って事前に情報を交換してアポイントを取ることができる。実効性の高い展示会として活用できそうだ。

 イベント当日は、虎ノ門ヒルズフォーラム内の大小のホールを使ってメインセッションが行われる。また、展示会場となっているホールには、ブースエリアの横にミニセッションのスペースも用意される。オープンなスペースなので、ふらっと立ち寄ることもできるという。

 Future of Work Japan 2018への参加資格は特にない。参加チケットを購入すれば誰でも参加できる。用意されている参加チケットは3種類。経営者やマネジメント層に限定したエグゼクティブチケット、通常販売されるビジネスチケット1日券と2日券だ。

 エグゼクティブチケットは2日間にわたって利用することができ、エグゼクティブ向けのセッションの聴講やパーティーを含む全てのイベントに参加できる。価格はエグゼクティブチケットが4万5000円、ビジネスチケット1日券が1万8000円、2日券が3万2000円。

 Future of Work Japan 2018が示唆するのは、未来の経営や働き方だ。使用されているロゴは細胞分裂をイメージし、生命が細胞分裂を繰り返して進化してきたように、働く人や企業も時代や環境の変化に対応して変化し進化すべき、というメッセージが込められている。「強いものが生き残るのではない、変化するものが生き残れる」という名言があるように、今こそ企業が変化することが求められている。Future of Work Japan 2018で働き方改革を企業成長の糧とするヒントを見つけてほしい。

お問い合わせ