日経ビジネスONLINE Special 週刊日経ビジネスオンライン SPECIAL日経ビジネスオンライン

デジタルレイバー活用で優秀人材を獲得する

日本IBMが構築するタレントプールとRPAの役割

 日本IBMにおける人材獲得競争のライバルは、国内の大手企業だけでなく、世界的なネット企業やコンサルティング会社なども含まれる。その競争はますます熾烈化している。同社は最新技術を活用するとともに、採用を担う組織や採用プロセスの変革を通じて、この激しい競争を勝ち抜こうとしている。日本IBM コラボレーション&タレントソリューション事業部 タレントソリューション営業部長の河野英太郎氏は次のように語る。

 「当社は採用の変革を目指して3つの戦略を策定しました。第1に、“採用力”の向上と組織構造の再構築。第2に、ダイレクト採用の推進。第3に、価値訴求を通じた採用ブランドの再構築です」

 2020年を目標に、同社は第1から第2、第3と段階的に戦略を実行していく考えだ。最初に取り組んだ組織構造改革について詳しく説明しよう。

 新しい採用組織のキーとなるのが、TAS(Talent Acquisition Sourcer)とTAP (Talent Acquisition Partner)という役割である。そして、両者の間にはタレントプールがある(図2)。なお、タレントアクイジション(獲得)は人材獲得のことで、最近はこの言葉を使う企業が増えている。

(図2)新たな採用組織の中でRPA化を推進する日本IBM
(図2)新たな採用組織の中でRPA化を推進する日本IBM

 「TASはダイレクトソーシングの窓口であり、候補者とコミュニケーションをとりつつタレントプールを構築します。そして、タレントプールの質と量の両面に責任を持ちます。一方のTAPは、人材を求めるビジネス部門の支援役と位置付けられます。各現場のビジネスや戦略などを理解したうえで、タレントプールの中から適時、適切な人材を現場に供給する役割を担います」

 タレントプールの拡充を担うTAS、タレントプールの人材とビジネスのマッチングを支援するTAPという役割分担である。それぞれが業務を効率的に遂行できるよう、日本IBMはRPAの導入を検討する方向にある。

 「人材採用会社などが提供する外部のデータベースなどをもとに、TASは候補者情報をタレントプールに入れていきます。その際、RPAによるロングリスト作成は、TASの業務効率化に役立ちます。タレントプールの人材情報はどんどん増えるので、適切な人材を探しやすくするためのタグ付けが欠かせません。この業務もRPA化が可能です。TAPがマッチングを行う際には、RPAはニーズに合った人材をリスト化して提示するといったサポートを提供することができます」(河野氏)

 また、同社は採用活動におけるAI活用にも積極的に取り組んでいる。こうしたデジタルレイバーによって創出された時間・工数は、候補者との面談など人間にしかできない業務に充当される。

RPAによる高速PDCAで、採用活動を最適化する

 以上で紹介したRPA活用は一例にすぎない。日本IBMの採用活動においても、RPAの守備範囲はさらに広がっていくことが予想される。

 同社だけでなく、今、多くの企業がRPAの導入を進めている。RPAを適用可能な領域は広く、採用業務を含むホワイトカラー業務の多くがRPA化の検討対象になりうる。導入にあたっての注意点は、人間が担うべき役割、RPAなどのデジタルレイバーが担う役割を明確に切り分けておくこと。RPAツールを提供するRPAテクノロジーズのCOO(最高執行責任者)である笠井直人氏はこう説明する。

 「採用活用で人がやるべき仕事は、主として戦略・企画づくりや候補者などとのコミュニケーションでしょう。それ以外の部分、例えばアイデアの素早い実行、施策の運用などに関わる部分は相当部分をデジタルレイバーに任せることができます。デジタルレイバーで効率化した分、採用担当者は面談率を上げたり、新しいアイデアを考えたりする時間を増やすことができます」

 RPAを活用することで、定型業務をミスなくスピーディーに処理することができる。その結果、採用におけるPDCAサイクルの高速化が実現する。

 日本IBMのように、採用のための組織や採用プロセスの見直しを考えている企業は少なくない。そうした企業が最適な採用活動を目指すうえで、高速PDCAは重要な意味を持つ。試行錯誤を経て最適解に近づくためにも、RPAは大きな役割を担うことができるだろう。

お問い合わせ