5Gで描くモビリティの未来

5Gで描くモビリティの未来
次世代モバイル通信「5G」も自動運転に寄与する。車同士や道路設備との通信により、安全性向上などの多様な可能性が広がる。例えば、車と歩行者のスマートフォンによる通信で歩行者検知が可能になるほか、トラックの隊列走行の場面では、先頭有人車両に自動追従する後続無人車両が実現する。これらのネットワーク活用分野におけるソフトバンクの取り組みが紹介された。

低遅延・高信頼の通信で
自動運転の安全性向上を支援

 現在の自動運転技術は、車載カメラやセンサーなど車両からの情報を自動車の中で処理して判断する自律運転が中心だ。しかし、これに無線通信ネットワークを付加することで可能になる領域が広がる。それらは車同士の通信「V2V」や車と道路インフラ設備との通信「V2I」、車と歩行者との通信「V2P」、車と情報ネットワークとの通信「V2N」など「V2X」と総称される領域だ。

 例えば、自動運転車が高速道路の本線に合流する前に、本線の交通状況情報を道路横のアンテナを通じて提供することで、本線への進入速度やタイミングを自動調整し、合流時の安全性を確保できるようになる。

 ソフトバンクで先端技術開発を担当する湧川隆次氏は「当社では、トラックの隊列走行の実証実験をしています。先頭の有人車両の動きに、後続の無人車両が自動で追従するものです。これにより運転手不足に対処し、輸送量を増やすことが可能になります」と語る。

 前の車両の動きに合わせて後の車両が加減速を行えるほか、後続車両の前面や側面に搭載したカメラ映像を先頭車両の運転席モニターで見ることができ、後続車両を追い越そうとする車の存在なども把握できる。

 こうした自動運転を支えるインフラになるのが、次世代のモバイル通信規格「5G」だ。スマートフォンなどで主流の「LTE」に比べて大容量、低遅延、かつエラー率の低い通信に特徴がある。例えば、隊列走行ではモニターの画像表示の遅れやコマの欠損を防げる。スマートフォンなどと共通の通信規格になるため、歩行者のスマートフォンがV2Xに対応すれば、車が歩行者の場所を検知できる仕組みも構築可能だ。

 ただ、一般的なクラウド上などにあるサーバと通信する場合、5Gの無線区間が低遅延でも、その先のサーバに至るネットワークが遅ければ遅延が生まれる。その対策として考えられているのが、エッジコンピューティングの活用である。

 無線区間に近い地点にサーバを設けてそこで情報処理することで、より大量のデータのやりとりが実現する。具体的には、車載カメラの情報に案内図を付加したり、運転者の顔認識で眠気を感知したり、健康状態を管理するなどが可能になる。

 「通信回線だけでなく各種のサービスも提供できるのが当社の強みです。自動運転社会の実現を目指していきます」と湧川氏は同社のポジションを語った。