日経ビジネスONLINE Special週刊日経ビジネスオンライン SPECIAL日経ビジネスオンライン

第2回・「前向き人生に損はなし」がモットー。意欲的な人材育成に注力

日経BP総研

2018年9月3日(月)

男性的な業界と見られていた建設・住宅業界で女性活躍を推進する大和ハウス工業。16年に経済産業省の「新・ダイバーシティ経営企業100選」、17年、18年と連続して経産省と東証の共同主催の「なでしこ銘柄」に選定されるなど外部評価も高い。全国の事業所・営業所での正月三が日の営業をやめるなど、女性活躍のみならず強いリーダーシップで働き方改革をも進める芳井敬一代表取締役社長にその真意を聞いた。(取材=麓幸子:日経BP総研フェロー、文=西尾英子)

家族で家事をシェアする「家事シェアハウス」が話題に

――建設・住宅業界といえば、これまで男性の活躍が多かった業界です。あらためて、なぜ今、大和ハウス工業でダイバーシティが必要なのかを教えてください。

芳井代表取締役社長(以下、芳井):建設・住宅会社としてモノを作り、それを提供するのが我々の仕事です。そうした仕事に関わる以上、“社会や人々の役に立ちたい”というキーワードは、誰もが持っているはず。その思いを受け止め、活躍できる機会を作ることが会社の役割だと考えています。男性も女性も能力に変わりはない。女性だからできないということは何もないと思っています。

 どんな事業を行う時でも、「儲けから入らず、人々や社会の役に立つものを事業化する」のが当社の信念です。樋口武男・代表取締役会長も、「儲けから入ったらあかん。その地域の人が何で困り、何を必要としているのかを把握し、本当に役立つものを事業化しろ」と言われ続けてきました。これは我々のDNAとして根付いているものであり、何よりも大事にしていることですね。

芳井 敬一 代表取締役社長
芳井 敬一氏
1981年中央大学卒業。90年大和ハウス工業入社。2010年執行役員 海外事業部副事業部長。11年取締役上席執行役員 海外事部長 海外事業担当。13年同 東京支社長 営業推進副担当 海外事業管掌。同年同 東京本店長 営業推進副担当 海外事業管掌。14年同 東京本店長 営業本部副本部長 関東ブロック長 営業推進副担当 海外事業統括。16年取締役専務執行役員 東京本店長 営業本部長 東京ブロック長 北関東ブロック長 営業統括副担当 海外事業管掌。29年代表取締役社長就任。

――昨年、商品化された「家事シェアハウス」も、女性の家事負担という課題を解決するものとして大きな反響をよびました。女性が家事をしやすい家ではなく、夫や家族と“家事をシェアする”という全く新しいコンセプトが新鮮でした。そもそもこの商品は、富山県の事業所の女性社員によるプロジェクトから生まれたものだとか。

芳井:住宅事業を担当する大友浩嗣・取締役常務執行役員がけん引する「これからの住まい方プロジェクト」から商品化したものです。各事業所の女性社員に、ルーチンワークから離れ、PDCAを回して仕事をする習慣をつけてもらいたいというのがプロジェクトのコンセプト。各事業所で業務改善プロジェクトを作ってもらい、半期に1度の業績評価にも事業所全体の加点要素として取り入れています。

 もともと富山県といえば、全国で1、2位を争う共働き世帯の多い県です。そんな中で、女性社員が「なぜ妻だけが家事をしなくてはいけないのか」という問題意識を持ち、「家族全員で家事をシェアする」という視点で、設備や間取りなどに工夫を凝らしました。富山支店の分譲地でモデルハウスをスタートしたところ、非常に評判が良く、全国商品となりました。多くの女性の共感を得ましたが、ただ、もう少し男性側にも理解しやすいような戦略を練る必要があると感じています。

家事シェアハウス
「家事シェアハウス」は富山県の事業所の女性プロジェクトチームの発案で生まれた(上)。これまで女性のみが家事をしていたが(下左)、「家事シェアハウス」は家族で家事をシェアするのがコンセプト(下右)。

――これまで社長ご自身が、「女性の力」を実感されたビジネス上の場面を教えてください。

芳井:特に印象に残っている事が2つあります。ひとつは、女性の営業から気配りの素晴らしさを学んだこと。多くの場合、営業はスピードを重視するあまり、見積もり段階で、“なぜこのお客様が弊社に決めてくださったのか”を掘り下げることを軽視しがちです。しかし、ある営業の女性社員は、“この方は恐らくこうした点を問題視されるだろうから解決策を考えておこう”“この場面でこれを見せることで信頼していただける”と先回りして考え、提案していた。本当に丁寧な営業というのは、こういうことを言うのだなと実感しました。

 もうひとつは、東京本店長時代に感じた女性の芯の強さです。より現場に近い声が聞きたいと思い、各部署の経営課題を話し合う月末会議に、経理の女性社員を参加させたのですが、「今までのケースから見てその計画には無理があります」などと、臆せず意見を言う。男性社員は上司の顔色を窺いがちですが、女性は無理なものは無理と言える。芯の強さに感心しました。