日経ビジネスONLINE Special 週刊日経ビジネスオンライン SPECIAL日経ビジネスオンライン

広がる、ブロックチェーンのビジネス活用

仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーン(分散型台帳)。改ざんが難しく、低コストでシステムを構築・運用できる、効率的なデータ共有が可能になる、ビジネスプロセスを自動化できるなどのメリットがあり、金融業をはじめ、流通、不動産、貿易など世界中のさまざまな企業が実証実験を行い、実際のビジネスに活用し始めている。では、具体的にどのようなシーンで活用されているのか、その裏側ではどのような技術が採用されているのだろうか。

非金融領域にもブロックチェーンの利活用が広がってきた

吉濱 佐知子 氏
日本アイ・ビー・エム株式会社
東京基礎研究所
FSS & ブロックチェーン・ソリューションズ
担当 部長
吉濱 佐知子 氏

 「これまでは国際送金など決済に近いユースケースが多かったが、最近はそれ以外の領域にも広がってきた」──。長年、ブロックチェーンを研究している日本IBM 東京基礎研究所の吉濱佐知子氏はこう話す。

 たとえば、社内で利用するハードウェア調達プロセスの自動化や、契約書の作成、社内稟議、承認、署名捺印といった一連の業務の自動化に同技術を採用し、プロセスの効率化と、改ざんが難しい安全な環境下での管理を実現した企業もある。

 さらに、ダイヤモンドの価値を証明する「来歴管理」に同技術を採用するなど、金融業以外のさまざまな業種でもブロックチェーン技術を活用したユースケースが見られるようになってきた。とはいえ、ブロックチェーンにはさまざまな手法や技術がある。実際に企業はどのようにしてブロックチェーンをビジネスに活用しているのだろうか。

(図1)ブロックチェーンのユースケースは多様化
(図1)ブロックチェーンのユースケースは多様化
非金融領域にも広がるブロックチェーンの採用。その裏側にある手法、技術、メリットとは
[画像のクリックで拡大表示]
>>

さまざまな課題を解決する技術として期待されるブロックチ...

本記事の続きを無料でご覧いただけます

以下のアンケートにご回答ください。

  • 【情報提供のご希望の方法】

  • IBMおよびIBMの子会社、関連会社は、IBM製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りするために提供くださった情報を使用させていただく場合があります。ご希望をお知らせ下さい。

  • Q1. 本製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2. 記事閲覧の目的をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q3. 本製品/サービスについて、自社あるいは顧客企業の導入予定時期についてお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

  • Q4. 本製品/サービスの提供企業へのご要望、ご質問などがありましたらお聞かせください。


【ご利用に際しての注意】
本コンテンツの2ページ目以降を閲覧いただく方の個人情報(日経BP社に登録されている氏名、メールアドレス、住所、電話番号、勤務先、所属部署、役職などのご回答内容)は、日経BP社が、本コンテンツスポンサーの広告主に第三者提供いたします。

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。

・ご登録いただいた個人情報は、情報提供元である「日本アイ・ビー・エム株式会社」に提供されます
・IBMおよびIBMの 子会社、関連会社 は、IBM製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りするために提供くださった情報を使用させていただく場合があります。以下の画面にてご希望の方法をお知らせください。
・提供した情報を希望の方法、および IBMのプライバシー取扱基準 で説明されている方法で取扱うことに、同意します。

IBMからの情報受取方法で、e-メールをすでに希望いただいてる方で、今後e-メールでの情報提供の中止を希望の方は、 http://ibm.com/jp/account/ibmdm/ で承ります。

その他、下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

閲覧する