日経ビジネスONLINE Special 週刊日経ビジネスオンライン SPECIAL日経ビジネスオンライン

広がる、ブロックチェーンのビジネス活用

仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーン(分散型台帳)。改ざんが難しく、低コストでシステムを構築・運用できる、効率的なデータ共有が可能になる、ビジネスプロセスを自動化できるなどのメリットがあり、金融業をはじめ、流通、不動産、貿易など世界中のさまざまな企業が実証実験を行い、実際のビジネスに活用し始めている。では、具体的にどのようなシーンで活用されているのか、その裏側ではどのような技術が採用されているのだろうか。

非金融領域にもブロックチェーンの利活用が広がってきた

吉濱 佐知子 氏
日本アイ・ビー・エム株式会社
東京基礎研究所
FSS & ブロックチェーン・ソリューションズ
担当 部長
吉濱 佐知子 氏

 「これまでは国際送金など決済に近いユースケースが多かったが、最近はそれ以外の領域にも広がってきた」──。長年、ブロックチェーンを研究している日本IBM 東京基礎研究所の吉濱佐知子氏はこう話す。

 たとえば、社内で利用するハードウェア調達プロセスの自動化や、契約書の作成、社内稟議、承認、署名捺印といった一連の業務の自動化に同技術を採用し、プロセスの効率化と、改ざんが難しい安全な環境下での管理を実現した企業もある。

 さらに、ダイヤモンドの価値を証明する「来歴管理」に同技術を採用するなど、金融業以外のさまざまな業種でもブロックチェーン技術を活用したユースケースが見られるようになってきた。とはいえ、ブロックチェーンにはさまざまな手法や技術がある。実際に企業はどのようにしてブロックチェーンをビジネスに活用しているのだろうか。

(図1)ブロックチェーンのユースケースは多様化
(図1)ブロックチェーンのユースケースは多様化
非金融領域にも広がるブロックチェーンの採用。その裏側にある手法、技術、メリットとは
[画像のクリックで拡大表示]