日経ビジネスONLINE Special 週刊日経ビジネスオンライン SPECIAL日経ビジネスオンライン

知見を引き出し、新たな価値に変えるAI

デジタル化の進展とともに爆発的に増大しているデータをいかに活用していくか――。この課題解決に今後の企業の命運がかかっているといっても過言ではない。なかでも重要なカギを握っているのが、自然言語で書かれた膨大な文書の活用だ。日本語対応を完了したIBM Watson Discoveryを活用することで、目的とする情報のスムーズな検索を実現するほか、大量の文書の中に埋もれていた傾向や知見を導き出し、ビジネスの新たな価値に変えることが可能になる。

自然言語で書かれた大量の文書をAIで読み解く

 急速なデジタル化の進展に伴い、世界のデータ量は爆発的に増大している。「過去2年間でつくられたデータ量は、それ以前につくられた全てのデータ量に匹敵する」とも言われるほどの勢いだ。そして当然のことながら、企業が保有するデータ量も飛躍的に増大している。

 ただ、この大量のデータを単に蓄積しているだけでは、ストレージの容量を食いつぶすだけでしかない。有益な経営資源としていかにビジネスで活用していくかが、企業にとっての重要な課題となっている。

 増大するデータの中身を見てみると、そのかなりの割合を占めているのが様々な報告書やドキュメント、文献、顧客チャネルに寄せられた問い合わせの対応履歴、ブログ、SNSの投稿メッセージなどの文書情報だ。従来型のデータベースでこうした非構造化データを処理することは困難で、自然言語に対する意味レベルでの解析が求められる。さらに言えば、そこから多くの洞察(気づき)や新たな発見を得ることができなければ、経営のタイムリーな意思決定やビジネス現場のアクションにつなげていくことはできない。

 そうした中で注目されているのが、クラウド型AI(人工知能)として提供される知識探索エンジンだ。IBMでは、IBM Cloud環境からDiscoveryというサービスを提供している。

 Discoveryはその名が示すとおり、コグニティブ(認知)・コンピューティングを世界で初めて商用化したWatsonの数あるサービスの1つで、自然言語で記述された膨大な文書を分析し、自然言語による質問に対する回答の検索や関連性の高い知識の探索を支援するクラウド型サービスである。

 日本IBM ワトソンソリューション部長の田中孝氏は、「今年6月に日本語対応が完了したことで、日本企業のお客さまにもDiscoveryのフル機能をすぐに使っていただける環境が整いました」と話す。以降では、Discoveryの強み、同サービスが真価を発揮するユースケースなどについて紹介しよう。

田中 孝 氏
日本アイ・ビー・エム株式会社
ワトソンソリューション部長
田中 孝 氏
>>

情報検索と知識探索の両面から文書を活用

本記事の続きを無料でご覧いただけます

以下のアンケートにご回答ください。

  • 【情報提供のご希望の方法】

  • IBMおよびIBMの子会社、関連会社は、IBM製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りするために提供くださった情報を使用させていただく場合があります。ご希望をお知らせ下さい。

  • Q1. 本製品/サービスについて、あなたの立場をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q2. 記事閲覧の目的をお選びください。(ひとつだけ)※必須

  • Q3. 本製品/サービスについて、自社あるいは顧客企業の導入予定時期についてお聞かせください。(ひとつだけ)※必須

  • Q4. 本製品/サービスの提供企業へのご要望、ご質問などがありましたらお聞かせください。


【ご利用に際しての注意】
本コンテンツの2ページ目以降を閲覧いただく方の個人情報(日経BP社に登録されている氏名、メールアドレス、住所、電話番号、勤務先、所属部署、役職などのご回答内容)は、日経BP社が、本コンテンツスポンサーの広告主に第三者提供いたします。

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものとします。

・ご登録いただいた個人情報は、情報提供元である「日本アイ・ビー・エム株式会社」に提供されます
・IBMおよびIBMの 子会社、関連会社 は、IBM製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りするために提供くださった情報を使用させていただく場合があります。以下の画面にてご希望の方法をお知らせください。
・提供した情報を希望の方法、および IBMのプライバシー取扱基準 で説明されている方法で取扱うことに、同意します。

IBMからの情報受取方法で、e-メールをすでに希望いただいてる方で、今後e-メールでの情報提供の中止を希望の方は、 http://ibm.com/jp/account/ibmdm/ で承ります。

その他、下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

閲覧する