デジタルプロフェッショナルが選ぶデバイス

-ハイパフォーマンスを追求するプロは、仕事道具をいかにカスタマイズするか-

ファンを呼びチームを勝利に導く横浜FCのデジタルデータ戦術

J1昇格まであと一歩と、今シーズンも激闘を繰り広げた横浜FC。Jリーグ元年から日本サッカー界をけん引してきた“キング”三浦知良選手の所属チームとしても知られている。横浜市西部の街並みを見下ろす丘に位置する横浜FC のクラブハウスでは、ファンサービス向上とクラブ戦力強化を目指した施策が日夜展開されている。それはまさに、デジタルを活用した“もう一つの闘い”とも言えるものだ。横浜FC 運営企業である株式会社横浜フリエスポーツクラブ 代表取締役COO 上尾和大氏は「ファン層の拡大やチームの戦力強化においては、お客様や選手が必要とする情報をより早く、より正確に伝えることが求められます。そのためスタッフ一丸となって、デジタルデータを駆使したさまざまな取り組みを続けています」と語る。スポーツ競技全体で ICT 活用が推進される中、Jリーグ最前線のクラブハウスでは一体何が行われているのか? デジタルの力で、プロサッカークラブにおけるファンエンゲージメント獲得と、チームの勝利を徹底支援する、横浜FCの“データ戦術”に迫る。

NEXT

ファンサービス向上とクラブ戦力強化を徹底支援!
横浜FCが繰り広げるデジタルデータ戦術とは?

ページTOP