地域に根ざす企業価値を未来に繋ぐ事業継承で

「もはや廃業するしかないのか――」。こうした悩みを抱える中小企業オーナーは少なくない。地域で長く経営を続け、事業そのものは安定している。しかし、後継者がいない。オーナー自らが限界まで経営を粘り続けて廃業という幕引きを図らざるを得ないのか?
解決策として考えられるのがM&Aによる株式売却や事業譲渡だ。信頼できる買い手に会社や事業を譲り、これまで築き上げてきたものを残したいという中小企業オーナーのニーズは高いが、“競合先に吸収される”という意識から同業者への売却をためらうオーナーも多い。一方、M&Aの主要な買い手側からは、M&Aを行うにあたり相応の事業規模や短期的な利益成長が求められがちで、そもそも中小企業の受け皿がないという現実もある。
後継者を見出し育てるまで「もう少しの時間的猶予」があれば、その企業の価値を未来につなぐことができる。そうしたビジョンのもと、中小企業向けの本格的な事業承継支援に乗り出したのがオリックスだ。全国に広がる拠点網をフル活用して、全く新しい形のパートナーシップをオーナーに提案する。最大のポイントは、買い手を探すのではなく、オリックス自らがオーナーから株式を譲り受け、自らの事業として行いつつ、中長期的な視野で企業価値の持続的向上を図ることができる体制づくりを目指すことだ。
一般的なM&A仲介業者やファンドとの違いはどこにあるのか? またオリックスだからこそ、中小企業の事業承継を実現できる理由とは? オリックス株式会社 常務執行役 国内営業統括本部長 松崎 悟氏が語る。

二人三脚のパートナーシップで企業価値を存続!オリックスによる全く新しい事業承継支援とは?