医療ビッグデータ活用の「壁」とその「壊し方」~ 病院経営や医療現場の問題をどう解決する~ デジタル化の進展とともに「医療ビッグデータ」活用への機運が高まっている。医療現場での人手不足や超高齢社会の課題を解決するには、日々現場に蓄積されていく医療データの高度な二次活用が不可欠になっているためだ。しかし現実は厳しい。医療機関に散在する電子カルテやオーダリング、医事会計などのシステムは、ベンダーごとにデータ形式が異なるため、それらを連携した統計や分析が非常に難しい状況にあるからだ。そこで、こうした「壁」を切り崩し、複数システムの医療データを自由自在に操るための新しい仕組みを提案しているのが医用工学研究所である。多種多様な医療データを統合的に見える化し、医療の質向上や病院の経営効率改善に役立てるためのフレームワークが、いま新たな進化を遂げつつある。ここではその取り組みを紹介する。

医療ビッグデータ活用の「壁」となるデータ構造の違いとは?

インテル® Xeon® Platinum プロセッサー

インテル® Xeon® Platinum プロセッサーは、安全性の高い俊敏なハイブリッド・クラウド・データセンターの新たな基盤となります。
比類のないセキュリティーと 2、4、8+のソケット構成に対応し、抜群の処理パフォーマンスを備えたこのプロセッサー・ファミリーは、ミッション・クリティカルなリアルタイム分析、マシンラーニング、人工知能、マルチクラウド・ワークロードを想定して構築されています。
信頼できるハードウェア支援型のデータ・サービス・デリバリーを実現し、I/O、メモリーストレージ、ネットワーク・テクノロジーで飛躍的な進化を遂げているこのプロセッサー・ファミリーは、今後ますます増加するデータから実用的なインサイトを引き出すことができます。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Intel Inside、Intel Inside ロゴ、Intel Atom、Intel Atom Inside、Intel Core、Core Inside、Intel vPro、vPro Inside、Celeron、Celeron Inside、Itanium、Itanium Inside、Pentium、Pentium Inside、Xeon、Xeon Phi、Xeon Inside、Ultrabook は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。
Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および/またはその他の国における Intel Corporation の商標です。