消費者の“今”がロボットでわかる!? Robotics as a Service(RaaS)でツナガル、デジタルマーケティング最前線

消費者の“今”がロボットでわかる!? Robotics as a Service(RaaS)でツナガル、デジタルマーケティング最前線

鉄道各社・空港でのインバウンド対応ソリューションや、2019年、2020年の国際的スポーツイベントへ向けての接客インバウンド対応に向けて引き合いが増えている「ロボティクスマーケティング® for ロボホン powered by Oracle Service Cloud」。

AI技術の進歩と深刻な人手不足を背景に、
ロボットのビジネス活用が加速化している。

ビジネスにおけるロボットといえば、製造分野での産業ロボットが中心だったが、近年注目されているのは、接客などのサービスやマーケティング分野での活躍が見込まれる、ヒューマノイド型のコミュニケーションロボットだ。

経済産業省によると、国内のロボット市場は2035年に9.7兆円規模に成長し、なかでもサービス分野における伸長が最も高くなると予測されている。そしてその兆しは、すでに街中や店頭で活躍するRoBoHoN(ロボホン)などに見ることができる。

当初は、物珍しさから呼び込み集客目的で利用されることが多かった人型ロボットも、やがては多言語対応による受付・接客など実際に業務の一部を担うようになり、今ではAIを活用した業務自動化なども実現している。しかも、“彼ら”は単なる接客係にとどまらず、マーケターとしての高いポテンシャルを秘めている。

そこに目を付けて生まれたのが、ロボットでリアルをデジタルで補足し、オムニチャネルを実現する「ロボティクスマーケティング®」だ。

ロボットを使ったマーケティングの最前線を、キーパーソンの声とともに紹介しよう。

Robotics as a Service (Raas)でツナガル、
最強マーケティング戦略!