日経xTREND SPECIAL日経xTREND

ビジネスを加速させるマーケティング戦略を提示!The Navigator For Marketing

脱クッキーに備える オムニチャンネルの切り札、顧客データ管理の新手法とは?

脱クッキーに備える 
オムニチャンネルの切り札、顧客データ管理の新手法とは?

セールスフォース・ジャパン

2022/6/23

 ECサイトや実店舗、SNS(交流サイト)などの多様な接点で顧客との関係を維持しながら、効率的に購買へとつなげる「オムニチャネル戦略」。各接点で質の高い顧客体験を提供することで、顧客満足度を上げ、自社ブランドへのロイヤルティーを高めることができる。特に若年層など、デジタルファーストの傾向を強めている顧客を獲得するには重要だ。

 一方で課題もある。オムニチャネル戦略を実現するには、各部門が店舗やネット上などで独自に収集した顧客データの統合が不可欠。しかし、多くの場合、データ形式がばらばらだったり、各部門が一人の顧客に個別のIDを付与していたりして、簡単にはひもづけられない状態だ。さらに、プライバシー保護の観点から顧客データの取得に使用していた「サード・パーティー・クッキー」を規制する動きが広がっている。これにより顧客のネット上での足跡がたどりにくくなる。

 そこで本動画では、企業内で分散する顧客データを集約・分析するシステムとして注目を集める「CDP(カスタマー・データ・プラットフォーム)」について詳しく解説する。脱クッキーを見据え、顧客情報を自社で直接取得し、統合的に管理する企業が増えている。CDPを導入することで、自社のビジネスに合わせて適切に顧客集団を細分化し、販促を実行できるほか、最適なチャネルとタイミングで顧客体験を提供することも可能になる。

無料で動画を視聴いただけます

【ご利用に際しての注意】
本コンテンツの2ページ目以降を閲覧いただいた方の個人情報(日経BPに登録されている氏名、メールアドレス、住所、勤務先、所属部署、役職、電話番号などのほか、入力いただいたアンケートのご回答内容)は、日経BPが、本コンテンツスポンサーの広告主に第三者提供いたします。
また広告主においては、提供された個人情報を各社の個人情報保護方針に従って管理し、電話・Eメール・郵送物などにより、各種ご案内(製品・サービス、イベント・セミナー、キャンペーン情報など)や調査、問い合わせなどの目的で利用する場合があります。
 第三者提供先:株式会社セールスフォース・ジャパン
下記「個人情報取得に関するご説明」をよくお読みいただき、同意の上、ご利用ください。

視聴する