日経 xTECH Special 日経 xTECH 日経 xTECH Special

産総研の医療/ヘルスケア関連に向けた技術シーズを紹介

 人工知能(AI)やビッグデータ解析、センシングといったIT、電子技術の進化はとどまるところを知らず、様々な分野において、従来は“無理”と考えられてきたことが実現可能になってきた。この変革の波は人間の命を預かる医療/ヘルスケアの分野に及び、変革を推し進めようとする企業や研究機関の動きが活発化している。日本を代表する研究機関である産業技術総合研究所(産総研)も例外ではない。

 本資料では、産総研が研究開発し、これまで不可能と考えられてきたことを実現可能にする医療/ヘルスケア関連の取り組みのうち、「機械学習を使った医薬候補化合物の自動探索装置」「生体で測定された各種ビッグデータの解析」「生体分子を生かしたまま計測するバイオセンシング技術」の3つに関連する開発例を示す。さらに、産総研における医療/ヘルスケア関連の他の技術シーズも紹介する。

PDFダウンロード
  • 産総研で研究開発中の医療/ヘルスケア関連事例

    【事例1】機械学習を使った医薬候補化合物の自動探索装置
     -『医薬品研究の自動化』をご支援します

    【事例2】生体で測定された各種ビッグデータの解析
     -目指せ 医科学分野のイノベーション

    【事例3】生体分子を生かしたまま計測するバイオセンシング技術
     -限界を超える創薬・診断・IoTプラットフォーム
     -こころの病予防のためにストレスを計る
     -日常の健康管理のために簡便に血液成分を計る
     -生きたままで細胞内の生体分子を観察する


    【参考】産総研における医療/ヘルスケア関連の他の技術シーズ
     -産総研技術シーズを集結した、医療・ヘルスケアプロジェクト
     -補足1:スマートデータ解析で創薬
     -補足2:しなやかな相互作用が拓く新しい薬づくり
     -補足3:リン酸化解析の「真打ち」登場
     -補足4:創薬・再生医療を支援します
     -補足5:メチルシトシンのシーケンス選択的なイムノアッセイ法
     -補足6:生活習慣病や神経疾患の早期判断に有用なバイオマーカーの探索
     -補足7:ヒト幹細胞による創薬支援技術
     -補足8:生物発光レポーターを利用したセルベースアッセイシステム
     -補足9:細胞を使って食品の機能性を調べる技術
     -補足10:モデルマウスを用いた糖尿病およびNASH病態解析と機能性成分効能評価
     -補足11:睡眠障害モデルマウスを用いた睡眠改善食品の開発

お問い合わせ