日経 xTECH Special 日経 xTECH 日経 xTECH Special

ものづくりパートナーフォーラム in 東京 2018:講演プログラム

  • 主催 日経ものづくり
  • 協力 日経エレクトロニクス、日経 xTECH
  • エンジニアに役立つものづくり技術をコンパクトに効率よく見渡す
  • さまざまなニーズを、コストパフォーマンスに優れた技術・サービスで実現するサプライヤーが出展
  • 今年は東京・外苑前で開催
  • エンジニアに役立つものづくり技術をコンパクトに効率よく見渡す
  • さまざまなニーズを、コストパフォーマンスに優れた技術・サービスで実現するサプライヤーが出展
  • 今年は東京・外苑前で開催

来場登録はこちらをクリック
事前登録をして来場をすると、Amazonギフト券ほか素敵なプレゼントが抽選で当たります!

講演プログラム(受講無料)

特別講演 11月8日(木)

11月8日(木) 13:00~13:40
「CNFの自動車分野への導入に向けた取組み
-NCV(Nano Cellulose Vehicle)プロジェクトについて-」
京都大学 生存圏研究所 生物機能材料分野 特任教授 
臼杵 有光 氏
(講演概要)
ナイロンやポリプロピレン中にCNFを分散した材料は、強度、弾性率などの性能が向上し、自動車の軽量化への貢献が期待できる。環境省事業であるNano Cellulose Vehicle (NCV) プロジェクトではCNFの自動車用部材としての可能性を評価することを目的に4年間のプロジェクトを推進中である。その成果の一端を紹介する。
(講師略歴)
1980年名古屋大学工学部応用化学科修士卒、同年 (株)豊田中央研究所入社、自動車用高分子材料の研究開発に従事する。1997年論文により工学博士号を取得、2016年から京都大学生存圏研究所特任教授を兼務、NCVプロジェクトのリーダーを務める。

特別講演 11月9日(金)

11月9日(金) 13:00~13:40
「ヨーロッパ・アメリカの
プラスチック射出成形技術の最新技術動向」
小松技術士事務所 所長 
小松 道男 氏
(講演概要)
次世代製品に求められるプラスチック部品は、環境に優しく、軽量で高強度、秀でた物性等が必要になる。欧米では日本とは異なる社会環境や規制の下、野心的な素材開発や射出成形技術の確立、そして金型技術の挑戦的な取組みに勢いがある。講師が先日来、欧米で自ら収集したプラスチック射出成形技術の最新動向をビジュアルに解説、海洋マイクロプラスチック規制についても言及する。
(講師略歴)
国立福島高専機械工学科首席卒業。アルプス電気(株)勤務。平成5年小松技術士事務所設立。日本技術士会フェロー、日本合成樹脂技術協会理事・特別会員。元フランス共和国ローヌ・アルプ州クラスター親善大使。技術士第二次試験史上最年少合格 (27歳)。世界で生分解樹脂技術等の特許発明280個保有。文部科学大臣表彰科学技術賞(技術部門)受賞。ものづくり日本大賞内閣総理大臣賞受賞、ものづくり名人称号を安倍首相より授与される。

出展社技術講演

~出展企業の独自技術を紹介いたします~

11月8日(木)| 11:30-12:00
レーザークリーナーによる事例の紹介
株式会社光響
【講演概要】レーザークリーニングは、環境に優しく、柔軟性に優れた新しい高品質クリーニング技術である。弊社のレーザークリーナーは、対象物の表面粗さや加工高さの許容範囲を広く取ることができる。また管理された室内環境だけでなく、屋外でも使用可能である。さらに、基材への影響を最小化して錆などの汚れを効率的に除去できる。
11月8日(木)| 14:30-15:00
クラウドファンディングを活用!大手企業のスタートアップ企画の
ニーズを製品開発から市場投入まで、一気に解決した事例紹介
株式会社スタッフ
【講演概要】「製品開発のパートナー会社」として開発設計から新製品投入までのすべてのプロセスを通じ、新規企画を成功へと導いた実例からキーポイントを紹介
1. スタートアップや社内ベンチャー企画の新製品開発パートナーに求められる資質
2. 学習型アルコールガジェットTISPYを事例にした開発量産のスケジュール
3. クラウドファンディング活用ならではの新製品開発のコストメリット
11月8日(木)| 15:30-16:00
振動で発電する有機圧電フィルムを用いた用途開発事例と今後の可能性
公益財団法人やまぐち産業振興財団
【講演概要】数10ミクロンと薄く、フレキシブルな有機圧電フィルムは、センサーや振動発電としての活用が期待できる新素材である。当研究会では、産学連携を通して、有機圧電フィルムの用途開発を行っている。医療、福祉、農業、プラント、舶用分野における、これまでの開発事例と今後のさらなる用途展開の可能性について紹介する。
11月9日(金)| 11:30-12:00
微細精密加工と独自の機能性金型部品により、
貴社のものづくり課題を解決し生産性向上に貢献
株式会社新日本テック
【講演概要】微細精密加工を活かした特注金型部品、超精密金型(プレス・モールド)で、多様に高度化するご要望にきめ細かく対応する一方、長寿命のダイヤモンド金型部品、プレスのかす上がり防止加工、樹脂成形の糸ひきを防止する断熱部品、離型性改善の超薄膜フッ素表面処理など、ものづくり課題を解決し生産性を向上する提案を行う。
11月9日(金)| 14:30-15:00
材料を選ばない異材樹脂接合技術
「AKI-Lock®」のご紹介と新用途展開
ポリプラスチックス株式会社
【講演概要】AKI-Lock®は、成形品内のガラス繊維を物理アンカーとして利用する新発想の異材接合技術である。また従来の二重成形法だけでなく、接着や溶着といった加工分野でも利用可能であり、さらなる展開を続けている。本講演ではAKI-Lock®の詳細と最新の研究成果を紹介する。

※特別講演、出展社技術講演は受講無料です。席数の都合上、当日の総合受付にて先着順で受講整理券を配布いたします。予めご了承ください。
※スケジュール・内容に関しては変更される場合もございます。

来場登録はこちらをクリック
事前登録をして来場をすると、Amazonギフト券ほか素敵なプレゼントが抽選で当たります!
お問い合わせ
  • 来場登録に関するお問い合わせ

    日経BP読者サービスセンター セミナー係

    セミナーのお問合せは、こちらからお願いいたします。
    TEL:03‒5696‒1111 (土日祝日を除く 9:00~17:00)
    FAX:03‒5696‒1139

  • 出展・展示内容に関するお問い合わせ

    ものづくりパートナーフォーラム運営事務局(株式会社アントラム内)

    monozukuri@mpf-event.jp
    TEL:03-5403-7588 受付10:00~18:00