日経 xTECH Special 日経 xTECH 日経 xTECH Special

SEMICON Japan 2018

2018年12月12日(水)~14日(金)、世界を代表するエレクトロニクス製造サプライチェーンの総合展示会「SEMICON Japan 2018」が、「マジックが起きる。」をテーマに東京ビッグサイトで開催される。人工知能(AI)やIoTの活用も、クルマの自動化・電動化も、半導体のさらなる進化と生産体制の拡充なくして実現しない。半導体産業に対する期待はますます高まっており、さらなるイノベーションの創出が求められている。SEMICON Japan 2018は、様々な業種から知恵と技術が集まる、新たな気づきと刺激の宝庫である。未来を開くイノベーションの創出はここから始まる。(続きを読む
SEMICON Japan 2018の見どころ
半導体産業は、技術開発にケタ違いの巨額の資金が投入される産業である。そこでは、最新の科学的知見を生かした先端技術が次々と生まれている。しかも、1個のチップを作り出すために必要な技術は、機械、材料、制御、テスト、生産管理、品質管理など幅広く、その1つひとつが高度である。SEMICON Japanは、半導体業界の人たちだけに向けた展示会ではない。あらゆる製造業にイノベーションを生む可能性を秘めた未来技術が数多く出展される。SEMICON Japan 推進委員会の委員長を務める村田機械代表取締役社長の村田大介氏に、世界の半導体産業を取り巻く状況と、あらゆる製造業に新たな気づきと交流の場を提供するSEMICON Japanの価値について聞いた。(続きを読む

足元の半導体産業は、好況の中にある。ただし、とても浮かれていられる状態ではない。中長期的な視点に立てば、ユーザーから提示される技術のハードルは極めて高いが、技術の進化や事業の発展は一筋縄ではいかなくなってきている。期待に応えるためには、半導体のサプライヤーとユーザーの関係を再定義するようなイノベーションが必要だ。SEMICON Japan 2018は、未来の社会と生活を支える半導体をどのように作っていったらよいのか、あらゆる業種の人々が一堂に集まり、一緒に考える場である。SEMICON Japan 2018に込めた思いを、2017年12月にSEMIジャパン 代表に就任した浜島雅彦氏に聞いた。(続きを読む