エイト日本技術開発、わずか1年でCIMを本格導入 設計段階での生産性向上を目指す エイト日本技術開発(本社:東京都中野区)は、2016年9月に CIM(コンストラクション・インフォメーション・モデリング)の本格導入を目指す「CIM 推進委員会」を設置後、わずか1年たらずで 4件のパイロップロジェクトを実施した。今年度は専属の部署「CIM推進室」を設置し、また東北から九州までの支社を交えた「CIM推進委員会」を立ち上げ、それらの成果をオートデスクが主催する「Autodesk UniversityJapan 2017」で成果を発表するまでになった。短期間でCIMの全社導入に道筋をつけた秘密を取材した。

会社による組織的サポートが引き金に

NEXT:

PAGE TOP