i-Construction実践セミナーレビュー(オートデスク) EU諸国のBIM義務化の動向から日本の義務化施策の今後を読み解く

オートデスク株式会社 アジア太平洋地域 土木事業開発統括部長 福地 良彦 氏

欧州を中心に世界各国でBIM(Building Information Modeling)の義務化が進んでいる。1996年から建設の情報化に取り組んできた日本でも、国土交通省が2020年義務化を目指し、旗を振る。ところが建設の情報化の歴史をひも解くと、i-Construction施策の中でCIM(Construction Information Modeling)が位置付けられるようになったころから、受注者のためのBIM/CIMから発注者のためのBIM/CIMへ方向転換した印象が強い。背景にはどのような事情があるのか――。
EU諸国の動向を踏まえ、国交省はなぜBIM/CIMの義務化を推し進めているのか、今後どのような施策を展開しようとしているのか、BIM/CIM義務化の背景と将来を読み解いていく。
続きを読む