日経 xTECH Special 日経 xTECH 日経 xTECH Special

グローバルにサービス展開するIIJ

日本のインターネット接続サービスの老舗であるインターネットイニシアティブ(IIJ)は、米国、欧州、アジアで様々なインターネット関連サービスを提供し、グローバルでクラウドサービス「IIJ GIO」を展開。タイでは地元の大手情報通信企業のT.C.C. Technologyと合弁企業を設立し、クラウドサービスを展開している。

IIJ Global Solutions (Thailand) Co., Ltd.
Managing Director
松永 宏之

 IIJは現在ではインターネットサービスを軸に、SD-WANやクラウドサービス、セキュリティサービスなど幅広くインターネット関連サービスを手がけている。

 IIJグループでグローバル展開を担当するIIJ Global Solutions(Thailand)の松永宏之氏は「クラウドサービスの安定運用はデジタルトランスフォーメーションの鍵です。IIJは日本国内では1万社以上との取引があり、そこで培ってきた技術力を海外でも提供しています」と語る。

 IIJグループは2016年にタイ国内に3つのデータセンターを持つ、大手情報通信企業であるTCCグループと提携し、合弁会社Leap Solutions Asiaを設立して、クラウドサービスを展開している。

 「クラウドの仮想リソース、物理的なホスティングサービス、SAPやOracleのクラウドサービスを提供しています。Oracleのクラウドサービスをタイで唯一提供できる企業です」(松永氏)

破壊的テクノロジーからメリットを引き出す

Leap Solutions Asia Co., Ltd.
Commercial Division General Manager
Mr. Attaphong Habsa

 Leap Solutions AsiaのAttaphongHabsa氏は、デジタルトランスフォーメーションを支える破壊的なテクノロジーを紹介した。すなわち、AI 、IoT、クラウド、デジタルツイン、ブロックチェーンなどだ。

 「これらの破壊的なテクノロジーは、企業に恩恵をもたらし、成長を加速させるものです」とAttaphong氏。従業員をエンパワーし、顧客との強固なリレーションを構築し、ニーズに合った商品や製品の開発を可能にし、オペレーションの最適化を実現するという。

 Attaphong氏は特にLeap社が強みを持つ分野として、AI、IoT、そしてクラウドを取り上げた。「FacebookはAIを活用することで、目が見えない人たちにもFacebookを楽しんでもらえるようにしました。こうしたイノベーションを起こすことができます」(Attaphong氏)

 モノのインターネットであるIoTについては、センサーで位置を把握する機能を組み込んだスマートホームをビデオで紹介した。

 最後にAttaphong氏は「こうした先進のテクノロジーを駆使する場合には、注意も必要です。テクノロジーには、プラス面とマイナス面があります。この2面性を理解した上で活用していくべきでしょう」と語り、そのプラス面を引き出すために多くのサービスメニューを用意していることを紹介した。

お問い合わせ
  • 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)
    グローバル統括部グローバル企画課

    URL:https://www.iij.ad.jp/

    メールでのお問い合わせはこちら