日経 xTECH Special 日経 xTECH 日経 xTECH Special

河川専用3次元CADを開発した研究会とは

河川設計に精通した建設コンサルタント7社と3次元CAD「V-nasClair」でBIM/CIMに貢献する川田テクノシステムが「河川BIM/CIMを牽引」すべく研究会を立ち上げた。その名は「RFA研究会」-River Frontier Associations for CIM-。その設立からわずか1年で業界初と目される河川専用3次元 CAD「RIVER_Kit」の商品化に至った。その設立経緯と活動実績について迫る。

※川田テクノシステム調べ

『RFA研究会』設立経緯

2017年12月、都内において『RFA研究会キックオフ集会』が開かれた。
集まったのは、

・いであ(株)
・(株)建設技術研究所
・(株)東京建設コンサルタント
・東京コンサルタンツ(株)
・日本工営(株)
・パシフィックコンサルタンツ(株)
・三井共同建設コンサルタント(株)
(五十音順)

の7社。いずれも日本の河川設計に精通した企業である。この会の発起人は川田テクノシステム(株)。

研究会は「黎明期にある河川BIM/CIMを、河川事業に精通した建設コンサルタントが集結して、その推進に貢献すること」を主旨として設立され、その一環として、「業界初のBIM/CIM対応河川専用3次元CADシステム」を構築することが当初の目的として掲げられた。

7社は川田テクノシステムの呼びかけに対し、どういった理由で賛同・参画したのか。動機・目的は?そして、その目的は達せられたのか?
1年間の活動を振り返りながら会員各社に聞いてみた。

研究会に参画した理由・目的は

RFA:私たちは業界内ではライバル同士ではありますが、同じ河川技術者として河川設計やBIM/CIMの情報を共有できる貴重なチャンスではないかと思いました。

RFA:堤防設計や河道設計に特化した専用システムは存在せず、その開発に携われるのであれば是非参加したいと思いました。結果的に有効なツールが完成したと感じています。

RFA:既存の3次元CADソフトでは河川設計の効率化には限界があり、河川専用の3次元設計ソフトの必要性を感じていたところでした。3次元地形上で条件を入力するだけで自動的に築堤の3次元モデルが生成できるシステムが完成したことで当初の目的は達成されました。

情報交換、交流の場としての参加目的も多かったが、やはり「3次元堤防設計に活用できるシステムの構築」がいかに待ち望まれていたかが伺える。

システム開発に携わって

RFA:会合の雰囲気がとても良く意見を出しやすかったので、活発な意見交換ができました。

RFA:ベテランと若手の技術者が同席することでバランスよく意見が集約され、より実用的なシステムが構築できたのではないでしょうか。

RFA:システム開発者を交えての会合なので実施の是非の判断が早く、毎回、実のある議論ができたことが印象的です。

RFA:使用者と開発者が共に一つのものを作り上げていくことの面白さを感じた一方、システム構築の大変さも肌で感じることができました。

ベテランから若手。BIM/CIMに精通している人、していない人。様々な立場の方の意見を取りまとめることは容易ではなかったが、本音で語り合うことで道は開けると感じた1年でもあったと川田テクノシステムは語る。

システムを使ってみた感想は?

RFA:UIが堤防設計用になっているため直感的に操作でき、実務での生産性向上が大いに期待できます。

RFA:堤防のCIMモデルの作成が圧倒的にはやい。まさに「こんなシステムが欲しかった!」と思いました。

RFA:現在使っているCADとはUIが異なるので、慣れないと上手く使えないのではないかといった不安もありましたが、ベースとなる「V-nasClair」は、操作性がよいので、すぐに慣れそうです。

やはり「河川専用CAD」であることの利点を挙げる意見がほとんどである。

「RIVER_Kit」に期待する効果は

RIVER_Kit とは

RFA:従来の設計手法である“2次元から3次元”ではなく、堤防検討業務の早い段階で3次元設計に入れることが大きな利点ですね。

RFA:2次元図面成果の納品は当面続くでしょうが、モデルを作成するだけで平面図、横断図、縦断図が即座に出力できるのは感激しました。

RFA:距離標と法線の設定だけで堤防の計画高を自動的に計算できるので、設計時間が大幅に短縮できそうです。

BIM/CIMは「設計段階から3次元モデルを活用(作成)」することにあり、早い段階から簡単に3Dモデルが作成できることに大きな期待感が伺える。一方、当面は2次元成果との併用が避けられない状況を見据え、2D図面作成の省力化にも期待感が出ている。

今後の河川BIM/CIMについて
~河川BIM/CIMを普及させるための課題~

RFA:BIM/CIMを定着させるには人材を確保し、育成することが重要だと感じています。

RFA:人材育成に加えて、ソフトウェアの充実も必要です。今回、研究会に参加してみて、やはり、業務に特化したソフトウェアが必要だと感じました。

RFA:2次元設計から3次元設計へと思考を変え、設計者自らが3次元CADを使いこなすことが必要ですね。CADオペしか使えないシステムだと普及も遅れます。

やはり、第一の課題として挙げられるのは「人材育成」。「CIM担当者」を置くのではなく、全ての設計技術者が3次元CADを使いこなせなければ、BIM/CIMの普及は加速しないのではないか。

最後に

国土交通省の推進する「BIM/CIM」は加速度を増し、目標年次は年々前倒しされてきている。
設計技術者は設計ノウハウだけでなくBIM/CIMを実現させるための道具となる各種CADシステムや情報共有Cloudサービス(ASP)などを使いこなしていく必要がある。
今回、3Dモデル作成を開発の主眼に置き初回バージョンのリリースに至ったが、今後は単体機能の拡張もさることながら、河川氾濫シミュレーションなどへの拡張も視野に入れた開発が期待されている。

「RIVER_Kit」で作成した堤防モデル
お問い合わせ