ページTOPへ    詳細情報

クラウド移行と運用サービスでIT人材不足を解決

株式会社シーイーシー
サービスインテグレーションビジネスグループ
マーケティング部長

中堅・中小企業のIT人材不足は、年々深刻化している。金融システムや社会インフラを中心にシステムインテグレーションの多くの実績を持つ株式会社シーイーシー(以下、CEC)サービスインテグレーションビジネスグループ マーケティング部長の日詰 廣造氏も、多くの顧客の声から企業がIT人材不足に陥っていることを実感していると話す。「多くの企業がクラウドへの移行を真剣に考えています。特に製造業のお客様はIoTに高い興味を持っておられますが、クラウドにどうやって移行すれば良いかや、どのようにIoTを実現すれば良いかに悩んでいるお客様が多いですね。優秀なIT人材を確保することも多くの企業の悩みとなっており、我々にオンサイトで常駐してくれないかというお話を数多くいただいております」。

しかし、外部のパートナーをIT管理者として常駐させるには高いコストがかかるため、現実的なIT人材不足の対策とはなりえない。これに対して日詰氏は、「我々は、お客様に常駐するのではなく、運用の自動化や保守サービスをご提案して、コストをかけずにITを運用していくことをお勧めしています。また、遠隔サポートを有効に活用するために、システムのクラウド移行をお勧めしています」と話す。

株式会社シーイーシー
システムインテグレーションビジネスグループ
マイクロソフトクラウド事業部
第二サービス部 グループマネジャー

クラウドへ移行することで、システム管理者のインフラ管理の手間が軽減されることは一般的にも知られている。また、クラウドを活用すれば、システムの負荷が急増した場合でも迅速かつ柔軟にサーバスペックを変更でき、システム増強などの手間も省ける。CECでは、クラウド移行の第一歩として、ハイブリッドクラウドをお勧めしていると株式会社シーイーシー サービスインテグレーションビジネスグループ マイクロソフトクラウド事業部 第二サービス部 グループマネジャーの森山 健一 氏は話す。ハードルが高いフルクラウドのデータ移行ではなく、一部のシステムからクラウド移行を進めてほしいというのだ。「クラウド移行のきっかけとして、オンプレミスに一部のシステムを残しつつ、ファイルサーバやデータのバックアップをクラウドで行うハイブリッドクラウドのご提案をさせていただいています。これを皮切りに、サーバの切り替え時期やシステム入れ替え時に、初期費用もかからず、運用コストを抑えられるクラウドへと徐々に移行していき、我々の保守サービスなどで、IT人材不足を解決していけるようなご提案をさせていただいています」。

CECが提案するハイブリッドクラウドの一例(用途によるオンプレミスとクラウドのハイブリッド構成)

また、大規模なシステムを抱える顧客に対しては、次のような提案を進めていると日詰氏は話す。「我々は、金融業、製造業、社会インフラのお客様が多いのですが、システムの老朽化が大きな課題となっています。このようなお客様には、我々のデータセンターとMicrosoft AzureのAzure Stackを使ったハイブリッド構成で、Azure Site Recoveryを使ってディザスタリカバリを実現できるご提案をさせていただいています。Azure Stackでハイブリッド構成を実現するために、ハードウェアメーカーやネットワーク事業者との協業も行っており、さまざまなソリューションでお客様のニーズに応えられるようにしていますし、これまで培った業務知識をベースに、何を残して、何をクラウドに持っていくかをしっかりとご提案させていただきます」。

ASRを使ったハイブリッドクラウドの一例(Webシステムとファイルサーバを冗長構成化)

Microsoft Azureを使った付加価値の高いクラウドサービスを展開

Microsoft Azureを使った付加価値の高いクラウドサービスを展開

CECでは、マイクロソフトソリューションを中心にクラウド事業を進めており、Microsoft Dynamics、Office 365、Microsoft Azureの3つを活用している。また、2017年7月に米国ワシントンD.C.で開催された「Microsoft Inspire」では、貢献度の高いMicrosoft Dynamicsパートナーとして「Inner Circle」の認定を受けているほか、森山氏の肩書にもあるように、サービスインテグレーションビジネスグループの中にマイクロソフトクラウドに特化した事業部を置いていることも大きな特徴の1つだ。

「我々は、Microsoft Azureを使った付加価値の高いクラウドサービスを展開しており、導入計画から保守までをワンストップで提供できることが強みとなっております。また、Windowsシステムだけでなく、オープンソースシステムもAzureに移行できるノウハウを持っていることも強みの1つですね。一般的なSIerは、オープンソースとWindowsシステムの事業部が別であることが多いのですが、我々はJavaや.NETの技術者を各事業部に均等に配置し、柔軟にご要望に応えられるようにしています」と日詰氏は話す。

そのうえで、日詰氏は、クラウド環境としてAzureをお勧めする理由を次のように話してくれた。「Azureは、マシンラーニングやAIなど、技術が日々進化しており、我々はそれをベースにお客様の要望に合わせた先進的なソリューションを提供することが可能となります。優れたソリューションを提供するためには、我々自身がナレッジを溜めなければなりませんが、Azureは他のクラウドソリューションよりも技術が体系化されており、技術者の確保もしやすいのが特徴となっていると思います。Azureであれば、お客様のお問い合わせをすぐに試して結果をお見せすることができ、提案をご理解していただきやすいですね」。

クラウド運用保守サービスによる運用負荷低減でIT人材不足を解消

クラウド運用保守サービスによる運用負荷低減でIT人材不足を解消

CECでは、Azureをベースに「Convergent BSA(Business Services for Microsoft Azure)」というサービスを展開しており、IaaSやPaaS、SaaS、業種向けサービスなど、要望に合わせたクラウドサービスを提供している。AIの活用やIoTを実現するサービスも用意され、前述のように、導入計画から運用までの一気通貫でサービスを提供し、業種ごとの深い業務知識で最適なハイブリッドクラウド環境を構築できることが強みとなっている。

Microsoft Azure活用クラウドサービス「Convergent BSA」

また、CECでは、ITリノベーションサービスとして、開発から運用管理までを行える各種サービスメニューを「Re@nove(リノーブ)」というブランドで展開している。「Re@noveのサービスの1つにコンテナプラットフォーム導入支援サービスがあります。Azure上にコンテナプラットフォームを構築し、開発担当と導入・運用担当が密接に連携するDevOpsを実現できるように我々が手厚くフォローするサービスで、運用負荷の低減を目指してIT人材不足解消にも役立てることができます」と森山氏は話す。

最後に日詰氏は、IT人材不足からIT活用、システムの老朽化などのさまざまなビジネス課題を持っている企業に対して、次のように話してくれた。「すべてをクラウドに持っていくのではなく、必要なデータは手元に置くことを考えて、ハイブリッドクラウドから始めてみることが重要だと思います。我々は、躊躇することなく、どんどん新しい取り組みを行いたいと考える情報システム部をサポートしていきたいと考えています。一歩足を進めて、できるところからクラウド化することで、コスト削減や運用負荷低減などのさまざまなメリットを実感できるので、その後のクラウド移行の予算も獲得しやすくなると思います。ビジネス案込みで、より最適なご提案ができるクラウドインテグレーションビジネスができるよう、我々も日々努力していこうと考えております」。

また、日本マイクロソフトでは、ビジネスをクラウド展開する際にさまざまな不安や課題を抱える企業を対象に、ニーズに応じて選べる検証メニューを提供するプログラム「Cloud Everywhere」を展開している。

CECも「ハイブリッド環境構築サービス(大容量データ)」と「コンテナプラットフォーム導入支援サービスRed Hat on Azure」を提供中。この機会にぜひ申し込みをしてみてはいかがだろうか。

お問い合わせ

株式会社シーイーシー

http://convergent.cec-ltd.co.jp/contact