中小ビルTOPICS

ドローンを使って外観撮影
中小ビルPRの新しい武器となるか

2018/05/23
中小ビルTOPICS

ドローンで撮影した動画を公開!  中小ビルのドローン活用の可能性を考える

今回、動画もドローンによって撮影した。以下が茅場町髙木ビルの動画になる。ドローンでしか撮影できない迫力がある。

(動画提供:髙木ビル)

中小ビルのドローン活用  可能性広がる「あんな使い方」

近年、ドローンの機体は安価で小型化している。それにつれて、写真撮影だけでなく、測量、点検、いずれは宅配までと、ドローンを活用するシーンは拡大している。

今回の記事では、外観写真の撮影が困難なケースでドローンを活用した事例を紹介した。中小オフィスビル運営においても、ドローンを活用する余地がいろいろとありそうだ。写真撮影を含むドローンの活用方法や使い方の可能性などについて、あらためて以下にまとめてみた。

■周辺施設と協力して撮影
ドローンによる写真撮影は数十万円という金額になる。コスト面で不安がある場合には、隣接するビルや周辺エリアのビルや施設が協力して撮影をする方法もある。お互いの敷地から撮影できれば、撮れる写真や動画の幅が広がるというメリットもある。商店街などでもPRに使えるのではないか。各店舗でお金を出し合って、商店街の入口から出口までの映像をドローンで撮影。高い目線で街全体の景色も一緒に収めることで、その街での商店街の位置づけを紹介することも可能だ。

■大規模ビルにも対抗できる
ドローンでは手軽に高品質な写真や動画が撮れるので、大手不動産会社のビルとも戦える武器になる。「中小ビルオーナーの中には、「中小ビルの規模ならPRに力を入れなくてもいい」と考えている人もいるようだ。だが、同じ中小規模のビルで大手不動産会社が運営しているところもある。立地や規模が同じ水準にあっても、写真の品質に差があるだけで、テナント募集が不利になる。ドローンで質の高い写真が撮影できれば、大手とも対等に戦うことができる。

■眺望のイメージを提示する
高層マンションでは、建設前に各フロアの高さまでドローンを飛ばして、眺望のイメージ映像を撮るという取り組みをしているところもあるという。

オフィスビルでも、テナントによって求めているフロアは違う。たとえば、街路樹がきれいに見えるから2階が良いという人もいるし、明るさや見晴らしを求めて最上階を希望する人もいる。ドローンは自由な高さで撮影できるので、窓からの眺めをイメージしやすい写真・映像をあらかじめテナントに提供することができる。

■ドローン写真をテナントにも活用してもらう
髙木ビルの髙木さんはこう話す。「撮影された写真・映像は、ビルオーナーだけではなく、仲介会社やテナントさんにも利用してもらいたいです。企業のウェブサイトや新商品PRのときに格好良く使ってもらえたら、私としても嬉しいです。例えば、テナント企業の社員の方々にフロアの窓際に立ってもらって、外から撮影しても面白いかもしれません。社長の写真をクリックすると、企業ウェブサイトや社長のFacebookにリンクされているとか(笑)。いろいろと面白い使い方もできそうです」

■ビルメンテナンスの目視調査に
カメラを赤外線センサーに変えれば、外装の痛み具合をより詳しく調べることができる。日ごろの点検などで、ドローンを活用して傷みをチェックすることもできるだろう。


文と写真:木内渉太郎(特記なき写真)

併せて読みたい
併せて読みたい