日経 xTECH Special 日経 xTECH 日経 xTECH Special

春のIT展示会 レビュー

シスコシステムズ Cloud Days 2018レビュー

CLOUDDAYS2018

シスコシステムズ
ハイパーコンバージドインフラで
マルチクラウド環境の世界を実現

ビジネス環境の変化に合わせ、自社のクラウド戦略を最適化することは多くの企業にとって喫緊の課題だ。シスコシステムズ(以下、シスコ)の石田浩之氏は、同社のマルチクラウド戦略を解説し、マルチクラウド環境でいかに運用の手間を低減できるかを解説した。

石田 浩之 氏
シスコシステムズ合同会社
データセンター/バーチャライゼーション事業担当 部長
石田 浩之 氏

 デジタル化にはソフトウエアやアプリケーションによるイノベーションが欠かせない。シスコの石田浩之氏は、「ITインフラの高度化・複雑化を乗り越えて、スピード、セキュリティ、サービス展開、拡張性を確保するためには、マルチクラウド対応で開発側の選択肢やビジネスのニーズを満たし、新しいアプリ環境でコンテナを使ったマイクロサービスや分散アーキテクチャーを実現することが重要です」と説明する。

 シスコでは、Any App(どんなアプリケーションでも)、Any Cloud(どんなクラウドでも)、Any Scale(どんな規模でも)の三つを掲げ、「Intent-Based Data Center」と呼ぶデータセンターのアーキテクチャー全体でこれらの課題を解決している。Intent-Based Data Centerでは、データセンターを構成する要素やパブリッククラウドを、ダイレクトかつリアルタイムにつなぎ、一気通貫でポリシー(Intent:意図)を適用することで、シンプルで分かりやすい運用管理が可能になるという。

「Intent-Based Data Center」のアーキテクチャー群
アーキテクチャー群には一貫したポリシーが適用され、シンプルで分かりやすい運用管理が可能に
Intent-Based Data Center Any App, Any Cloud, Any Scale
[画像のクリックで拡大表示]

Intent-Based Data Centerのネットワークソリューション

 シスコのマルチクラウド対応SDNである「Cisco Application Centric Infrastructure(ACI)」は、「Cisco Nexus 9000スイッチ」で動作する機能で、データセンターネットワークをポリシーベースで管理する。Cisco ACIは今後あらゆる場所で利用できるように拡張され、小規模な拠点やパブリッククラウドでも同じポリシーを適用可能となる。また、Google CloudやMicrosoft Azure、AWSで使用されているコンテナ運用プラットフォームKubernetesと統合できる。

 さらに、継続的にネットワークの状態をモデル化し、検証しながら運用する「Cisco Network Assurance Engine」や、実際の全てのパケットを収集して分析し、セキュリティや状態の可視化を行う「Cisco Tetration Analytics」と連携することで、一貫したネットワークの最適化と運用管理が可能だ。

 アプリケーションやトランザクションの分析を支援する「AppDynamics」は、アプリから、エンドユーザー、インフラに至る監視と、アプリ/ビジネス分析を実現する機能を提供する。これにより、エンドユーザーの利用状況や性能を監視/分析して、ビジネスの改善なども行えるようになっている。

 また、このAppDynamicsとTetration Analyticsを組み合わせることで、アプリからインフラレベルまで、エンドトゥエンドで全てを可視化し、多角的な分析や自動化を実現できる。

 「ITへの依存度が高くなる中で、いかに課題を解決し、ビジネスの要求レベルまでパフォーマンスを最適化するのか。それらを高度に実現するための多彩な機能やソリューションをシスコは提供しています」と石田氏は話す。

ネットワークまで統合した次世代のハイパーコンバージド「HyperFlex」

 続いて石田氏は、シスコのハイパーコンバージドインフラである、インテル® Xeon®プロセッサーを搭載した「Cisco HyperFlex」を紹介した。

 一般的なハイパーコンバージド製品がサーバーとストレージを1層化しているのに対し、HyperFlexではサーバー、ストレージに加えて、ネットワークを含む3層を、仮想化機能を用いて1層に統合しているのが大きな特長だ。従来に比べ、より簡単に運用管理を行えるようになり、約30分で初期設定が完了できるという。

 また、HyperFlexとマルチクラウド環境を管理できる「Cisco CloudCenter」を利用することで、オンプレミスとパブリッククラウド間でシームレスにアプリの導入管理を行うことができる。さらに、新しくHyper-Vに対応してマルチハイパーバイザー対応となり、コンテナ対応によってクラウドネイティブなアプリケーションの開発・導入も可能になった。コンテナ対応ではKubernetesをサポートし、ネットワーク側ではCisco ACIと連携可能で、AppDynamicsなどともバンドルできるという。加えて、シスコでは、多様な利用用途に合わせた検証済みの構成例として「Cisco Validated Design(CVD)」を提供しているほか、利用率に合わせた柔軟な課金プランを選択できる「Cisco Capital Utility Model」なども提供し、様々な環境での導入を支援している。

 「2年前にリリースされたHyperFlexは、すでに世界で2500社を超える顧客がいます」と話す石田氏。事実、高い支持を集めるHyperFlexは、ハイパーコンバージド市場が年率約50%で成長しているのに対して、シスコは年率100%以上の成長率を維持している。また第三者機関のESGラボのベンチマークテスト結果においても、他社のハイパーコンバージド製品に比べ、HyperFlexは仮想マシン搭載数が約2倍、I/Oレイテンシーが約3分の1になっている。

 講演の締めくくりとして、石田氏は「HyperFlexは、3層を1層にまとめて簡単に管理・設定でき、オンプレミスでありながらクラウドも含めた運用管理が簡単にできます」と総括し、クラウドAI用によりさらに発展的な活用が可能となる「Cisco Intersight」を紹介。「Cisco Intersightは、シスコの知見を生かしたプロアクティブな管理が可能です。将来的にはサードパーティも含めた自動管理をも実現していきたい」と意気込みを語った。

シスコの次世代ハイパーコンバージドインフラ「Cisco HyperFlex」
HyperFlexは、3層をまとめて1層にし、様々なアプリ、クラウド、規模に対応できる
 Any App, Any Cloud, Any Scale
[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ