日経 xTECH Special 日経 xTECH 日経 xTECH Special

春のIT展示会 レビュー

NTTデータ ビジネスAI 2018レビュー

ビジネスAI2018

NTTデータ
RPAによる働き方改革成功の秘訣は
コーチング型の導入・統制にあり

働き方改革の切り札として、「WinActor/WinDirector」をはじめとするRPA(Robotic Process Automation)ツールを導入する企業が増えている。真の改革実現のためにキーとなるのが、業務を把握するユーザー自身によるRPAの主体的な活用と、推進組織の支援やライトな統制だ。

中川 拓也 氏
株式会社NTTデータ
第二公共事業本部
第四公共事業部
第二統括部
RPAソリューション担当 課長
中川 拓也 氏

 NTTデータでRPAを推進する中川拓也氏は、「身構えずに、トライアルプランや研修でWinActorに触れてみることをお勧めします。感触を得ると、ロボットで自動化したいルーチンワークが自然と思い浮かぶようになります」と語る。

 WinActorの特長は、対象アプリケーションの構造解析や外部接続インタフェースなどを駆使し、あらゆるアプリケーションを自動化できること。そして、プログラミング知識のないユーザーでもロボットを作れる仕組みになっていることだ。セッションでは、営業担当の齋藤千里氏と関美来氏が登壇し、“データベースの住所を照会し、変更があれば更新するロボット”の作成を実演。IT初心者でも短時間かつ容易に作れることを示した。

RPAの導入・統制はコーチング型で

齋藤 千里 氏、関 美来 氏
株式会社NTTデータ
第二公共事業本部 第四公共事業部 第二統括部 RPAソリューション担当
齋藤 千里 氏(左)、関 美来 氏(右)

 いくつかのロボットが動き始めるなど、RPAの初期導入に成功すると、次にRPA推進組織を悩ませるのが全社展開時の統制管理だ。RPAで“野良マクロ問題”を再現させないためには、どの程度まで管理・統制すべきか。厳し過ぎてはRPAの価値が生きないし、推進組織のリソースも足りなくなる。中川氏は「日本では、優秀な現場が主体的に業務を作り上げていますから、ロボットを作るためにも現場の知見が不可欠です」と語る。中川氏が推奨する推進組織のスタイルは、ロボットを作って現場に与えるようなティーチング型でなく、現場が主体的にロボットを作成する状況を引き出すコーチング型だ。決して放任するわけではなく、現場のロボット作成を支援しつつ、どこでどのように使われているかは管理しておく。全社展開するタイミングで、パソコン上のWinActorもロボットもまとめてサーバー上に移設し、管理・統制ロボット「WinDirector」で一元管理するのが王道だという。

 「WinActorはまだまだ進化します」と、中川氏。自動化力の強化や、各種AIエンジンとの連携など、ユーザーに寄り添う技術革新をさらに加速させる計画だ。

NTTデータのRPAソリューション
WinDirectorが、各部署が作ったロボットを一元的に管理・統制する
[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ