日経 xTECH Special 日経 xTECH 日経 xTECH Special

春のIT展示会 レビュー

ソルクシーズ Cloud Days 2018レビュー

CLOUDDAYS2018

ソルクシーズ
“企業向け”クラウドストレージが
安全で効果的なファイル共有を実現

ビジネス環境で活用が進むクラウドストレージサービス。ビジネスユースを念頭にデザインされたソルクシーズの「Fleekdrive」は、豊富な「セキュリティ対策」とユニークな「共同作業支援」により、社内外での安全かつ効果的なファイル共有を実現する。

石部 智則 氏
株式会社ソルクシーズ
クラウドサービス事業部
スペシャリスト
石部 智則 氏

 働き方改革は国の重要施策として推進されており、現在多くの企業において、残業の抑制を中心とした“時短”の取り組みなど、制度面の整備が進んでいる。「その効果的な実践に向けては、目的の明確化や経営層・従業員の意識改革、そして必要なIT環境の整備など、各側面からの施策を併せて展開していくことが肝要です」と、ソルクシーズの石部智則氏は指摘する。

 ソルクシーズでは、IT環境の整備を様々なソリューションを通じて強力に支援している。

クラウドストレージが改革を加速

 特にソルクシーズが提供するオンラインストレージサービスの「Fleekdrive」は、「いつでも」「どこからでも」クラウド上のファイルにアクセスでき、場所や時間を超えたコラボレーションを実現。企業の働き方改革で必須要件となる在宅勤務やモバイルワークなどのテレワーク推進に貢献する。

 「あくまでも“企業向け”にフォーカスした設計が特徴で、ビジネスユースで必要となる『セキュリティ対策』や『共同作業支援』などの機能を拡充。コンシューマー向けのオンラインストレージとは一線を画する内容となっています」と石部氏は強調する。Fleekdriveは、IT・情報通信、製造、金融、教育をはじめとする幅広い分野の顧客から高い支持を得ている。

 セキュリティ対策に関しては、ユーザーやグループごとにフォルダーを表示し、ファイルに対して閲覧やダウンロード、削除など、どのような操作が行えるかという権限を詳細に設定できる。「アップロードされたファイルに対するウイルスチェックや、ファイル/通信の暗号化、さらにはIPアドレス制限、PDFへの“透かし”の挿入といった機能も用意しており、社内のみならず、取引先など社外とのファイル共有も安全に行えます」と石部氏は紹介する。

 一方、共同作業の支援については、現場業務で多い紙での書類作成をタブレットで手書きで行ったり、窓口業務などで発生する申込書などの紙の書類をPCに接続したスキャナーでボタン一つでPDF化してFleekdriveに保管、自動通知で即座に共有したりできる。様々な職種の人がコラボレーションで活用できるのも、Fleekdriveのユニークな点だ。

 なお、製品サイトでは、30日間の無料トライアルを実施中だ。

Fleekdriveでできること
“セキュリティ対策”と“共同作業支援”にフォーカスした新しいオンラインストレージ
Fleekdriveでできること
[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ