日経 xTECH Special 日経 xTECH 日経 xTECH Special

xTECH EXPO 2018レビュー

IoTプラットフォームで新ビジネスを創造

ソラコム
ビジネス価値創造を支援する
汎用IoTプラットフォーム

今や、IoTの活用抜きに企業のビジネス戦略を語ることが困難な状況だ。ソラコムでは、IoTシステムの構築・運用に必要なサービス群を統合したプラットフォーム「SORACOM」を提供。その利用により企業は、IoTがもたらすビジネス価値を速やかに享受することが可能となる。

IoT活用のハードルが下がる中
取り組みへの早期着手が重要

片山 暁雄 氏
株式会社ソラコム
執行役員
プリンシパルソフトウェアエンジニア
片山 暁雄

 ビジネス上のキーワードとして定着した感のある「IoT(Internet of Things)」。人やモノの動態管理や、機器・設備の遠隔監視、工場の製造プロセスの可視化などをはじめとする幅広いシーンで、既にその活用が大きな広がりを見せている。もはやIoTの活用は今後のビジネスに欠かせないものとなっている。

 だが、IoTの必然性は理解しているものの、それに向けてどのように検討プロセスを進めていけばよいか頭を悩ます企業も多い。

 「重要なのは、ビジネスにおいて自社が抱える課題を広い視野に立って見極めることです。このとき、机上での検討のみならず、例えば実際に現場に出向き、担当者が直面する困りごとについてヒアリングを行うといったアプローチも有効でしょう」とソラコムの片山暁雄氏は語る。

 課題が抽出されたら、次にそれらをいかに解決するのか検討を進める。その際の注意点について、片山氏は次のように話す。

 「IoTを前提としたとき、どうしても議論が技術的なところに陥りがちになります。まずは、技術面や自社の状況などの制約を外し、自由な発想から仮説を立てながら解決方法を探っていく方法が望ましいといえます」

 特に技術的制約については、今日、各種のセンサー類をはじめ、デバイスから情報を収集するためのプラットフォーム、さらにはAIや機械学習、画像認識といった要素技術に関わるサービスに至るまでIoT実現に向けた多彩な選択肢が生まれている。

 多くの企業にとって、様々な課題に対し、低コストかつ手軽にIoT化に取り組むスモールスタート可能な環境が、整い始めているのだ。

 「IoT活用に向けたハードルは低くなっています。企業の課題解決に向けて、各種のプラットフォームやサービスを利用しながら早期にIoTを活用したトライアルを展開していくことが重要です」と片山氏は強調する。

 というのも、仮に当初は課題解決に至らなかったとしても、試行錯誤のサイクルを重ねる中で、知見やデータ、アイデアが蓄積されていくことになる。それらを基礎にさらなる改善を重ねることで企業は着実に課題解決へと歩みを進めていけることになるからだ。

汎用プラットフォームの提供で
IoT環境の速やかな構築を支援

 ソラコムでは、企業IoT活用に向けた取り組みを支援するプラットフォーム「SORACOM」を提供している。

 IoTの実現に向けては、例えばデータ通信やIoTデバイスの管理をいかに行うか、あるいはどのようにセキュリティを担保し、クラウド連携をどうやって実現するかなどについて、企業は広範な課題に対峙することになる。

 「これらの多くの企業が直面する課題について、汎用化可能な部分をサービスとして利用できるようにすることで、お客様のIoT環境構築に関わる大幅な省力化を実現することがSORACOMの狙いです」と片山氏は説明する。

 そこで、SORACOMでは、「データ通信」から「ネットワーク」「アプリケーション」「インタフェース」に至る、IoT実現に必要なシステムレイヤーをトータルにサポートする。まずデータ通信レイヤーについては「SORACOM Air」と呼ばれるサービスを提供している。2G、3G、LTE、LTE-Mといったセルラー通信、あるいはLoRaWAN、SigfoxなどのLPWA(Low Power Wide Area)通信を使ったIoTデバイスの接続をサポートしている。

 SORACOMの通信コンポーネント自体は、AWS(Amazon Web Services)上に置かれており、IoTデバイスとのデータ通信を、インターネットを経由せずに行うことが可能だ。さらに、ユーザー企業がAWS上にシステムを展開していれば、当該システムとの間の通信もインターネットを介さずに行える。

 また、オンプレミス上のプライベートクラウドや外部のパブリッククラウドを利用するケースについても、SORACOM側とVPNや専用線で接続できるような多彩なネットワークサービスも展開し、セキュリティ上のクリティカルな要件にも応えている。

顧客のIoT活用を強力に支援する
商材のラインアップ拡充を加速

 一方、アプリケーションレイヤーについては、データ収集・蓄積を支援するサービス「SORACOM Harvest」を中心に、IoT機器に専用のSIMカードを組み込むだけで、デバイス側で特に設定を行うことなく接続時に必要な認証が行われ、SORACOM上にデータが格納されていく仕組みを実現している。

 また、ダッシュボード上で蓄積したデータを可視化し、共有を図りたいというニーズには「SORACOM Lagoon」というサービスで応えている。

 そして、SORACOMのプラットフォームで保持しているデータを、例えば機器や設備の異常検知、あるいはAI/機械学習といった、より高度な分析用途に用いたいというニーズもあるだろう。SORACOMには、それらの機能を提供する外部の各種クラウドサービスとの間のデータ転送をつかさどる「SORACOM Beam」や「SORACOM Funnel」といったサービスも用意されている。

 ソラコムでは、以上のような同社プラットフォームを利用したIoTのプロトタイピングを素早く行えるLTE通信モジュールとセンサー類、SIMカードで構成される「Grove IoTスターターキット for SORACOM」も提供している。

 「2018年10月17日には、ボタンがクリックされたことを通知する、いわばIoTにおける最もベーシックかつ高い応用性を持ったサービスである、AWS IoT 1-Clickに準拠したボタンデバイス『SORACOM LTE-M Button powered by AWS』もリリースしました」と片山氏。

 企業が手軽なIoT活用を実現できる環境整備を支援する製品・サービスの拡充を加速させるソラコム。その動向には要注目である。

SORACOMプラットフォームの概要
データ通信からネットワーク、アプリケーション、インタフェースまで多様なメニューが用意されている
SORACOMプラットフォームの概要
[画像のクリックで拡大表示]
日本初の「AWS IoT 1-Click」に対応したボタン型デバイス「SORACOM LTE-M Button powered by AWS」
パソコンやスマートフォンアプリから設定・管理が可能な画期的なものとなっている
日本初の「AWS IoT 1-Click」に対応したボタン型デバイス「SORACOM LTE-M Button powered by AWS」
[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ