日経 xTECH Special 日経 xTECH 日経 xTECH Special

講演プログラム

  • 2日間の全講演
  • 1st Day|11月7日(木)
  • 2nd Day|11月8日(金)

講演プログラム

  • 特別講演は受講無料です。座席数の都合上、講演当日の会場内整理券配布所にて先着順で受講整理券を配布いたします。
    整理券を受け取り後、講演開始5分前までに講演会場にお越しいただければ、着席にて聴講可能です。
  • 聴講には展示会の来場登録が必要です。
1st Day|11月7日(木) 13:00~13:40
特別講演
「光吸収率99.5%以上」と「高い耐久性」を両立した
「暗黒シート」開発への挑戦

国立研究開発法人産業技術総合研究所 計量標準総合センター (NMIJ)
物理計測標準研究部門 応用放射計測研究グループ 研究グループ長
雨宮 邦招 氏

黒色材料は、装飾や、映像分野・分光分析での乱反射防止用など幅広い用途があるが、100 %に近い光吸収率の従来材料は耐久性に乏しかった。最近、開発に成功した暗黒シートは、紫外線~可視光~赤外線の全域で99.5 %以上の光を吸収し、一般環境でも使用可能な耐久性も実現した。「開発の苦労話」、「今後の実用化に向けた課題」 などとともに紹介する。

1998年 東京大学工学部システム量子工学科卒、2003年 同大学院同専攻博士課程修了、博士(工学)取得。同助手を経て、2005年 産業技術総合研究所 入所。2018年より現職。主として光パワー(単位:Wワット)の国家標準の開発・維持・供給に従事。そこで培った知見から、高い光吸収率と耐久性を両立する黒色材料を着想、 「設計、製造、評価」 までを一貫して実現。

講師略歴
2nd Day|11月8日(金) 14:00~14:40
特別講演
京都プロセスから創られるCNF強化プラスチックの現状と展開

地方独立行政法人 京都市産業技術研究所 
高分子系チーム チームリーダー
仙波 健 氏

京都では、軽量高強度の天然繊維であるCNFによる強化プラスチックの研究開発が進んでいる。その製造は京都プロセスと呼ばれ、産学官が一体となりコストまでを見据えて構築された、CNF強化プラスチックの一貫製造プロセスである。講演では、京都プロセスの特徴、製造された素材の性能、そして従来のプラスチック強化繊維に無い特徴が生かされた応用展開事例などを紹介する。

1997年京都工芸繊維大学高分子学科卒業,京都市工業試験場に入庁。2007年京都工芸繊維大学にてポリマーブレンドの研究で博士号取得。京都市域の企業を中心に発泡成形品,歯科製品,リサイクル製品,自動車材料の研究開発に携わっている。2003年ころより京都大学生存圏研究所・矢野教授の指導を受けCNF/プラスチック複合材料の開発を開始し現在に至る。

講師略歴

技術プレゼンテーション

  • 技術プレゼンテーションは受講無料です。座席数の都合上、講演当日の会場内整理券配布所にて先着順で受講整理券を配布いたします。
  • 整理券を受け取り後、講演開始5分前までに講演会場にお越しいただければ、着席にて聴講可能です。
  • 聴講には展示会の来場登録が必要です。
1st Day|11月7日(木)
 11:30~12:00  ツツミ産業株式会社
板金設計ケーススタディ

技術プレゼンテーション
見落としやすい板金設計のポイント
板金設計における問題点と、短納期で依頼するポイントを紹介する。
また、近年の板金分野におけるレーザ加工動向にも触れ、「できること」・「できないこと」をわかりやすく説明する。

1st Day|11月7日(木) 14:10~14:40  JSR株式会社
米Carbon社3Dプリンター

技術プレゼンテーション
DLS技術とラティスが実現する未来のものづくり
デジタルマニュファクチャリングを推進する米Carbon社の革新的な3Dプリンター技術を紹介。材料強度の向上により実現する最終部品・製品への適用可能性、ラティスの適用による製品設計の進化について、adidas社のミッドソールやRiddell社のプロアメリカンフットボール用ヘルメットなどの実例を交えて説明する。

1st Day|11月7日(木) 15:10~15:40  不二精工株式会社
車載用インサート成形

技術プレゼンテーション
エアリーク“ゼロ”の高密着「金属樹脂インサート成形技術」を確立
インサート成形において最大の課題である金属と樹脂との密着性向上技術を研究開発。これにより、端子シール性を向上させ、防水性、気密性が要求される製品での活用を目指す。過酷条件下でのテストを繰り返し行い、製品実用性の可能性を高めることが出来た。今回は、その研究開発内容につき、プレゼンテーションし、理解度を深めて頂く。

1st Day|11月7日(木) 16:10~16:40  株式会社スタッフ、ミツバチプロダクツ株式会社
製品開発、ケーススタディ

技術プレゼンテーション
強いパートナーシップで、第1回「日本オープンイノベーション大賞」受賞を果たした新コンセプト製品開発の軌跡
大企業発のスタートアップ、ミツバチプロダクツ(株)のホットチョコレートドリンクマシンの開発。その着想から短期間で量産までの体制を確立した、挑戦や取り組みに対し、本大賞の科学技術政策担当大臣賞を受賞した。本件にものづくりの協業パートナーとして参画した当社が開発プロセスの事例を交え、短期間での技術課題解決のエピソードや協業ならでは心得を紹介する。

2nd Day|11月8日(金) 10:30〜11:00  岐阜大学 (※講演開始時間が変更になりました)
新工法、切削鍛造

技術プレゼンテーション
岐阜大学金型センターと新技術“切削鍛造加工法”の紹介
岐阜大学地域連携スマート金型技術研究センター及び本学の技術シーズ(精密鍛造技術等)を紹介する。平成30年4月に従来の「次世代金型技術研究センター」を組織改編し、立ち上げた「地域連携スマート金型技術研究センター」の狙い及び取組みの現状を紹介するとともに、最近プレスリリースした切削鍛造の考え方、優位性および活用方法を解説する。

2nd Day|11月8日(金) 12:50~13:20  株式会社セルコ
高密度圧縮コイル

技術プレゼンテーション
モーター占積率アップのための「丸線コイルの高密度圧縮成型技術」
「コイルを圧縮して大丈夫か?」の疑問に答えながら、これからのEV時代にセルコの巻線技術による、一つの強力な提案をする。品質面、コスト面で納得して戴けるモーター技術者必見のプレゼン!

2nd Day|11月8日(金) 15:10~15:40  株式会社新日本テック
生産性向上、金型部品

技術プレゼンテーション
微細精密加工と独自の機能性金型部品により、貴社のものづくり課題を解決し生産性向上に貢献
微細精密加工を活かした特注金型部品で高度化するご要望にきめ細かく対応する一方、長寿命のダイヤモンド金型部品、プレスのかす上がり防止加工、樹脂成形の糸ひきを防止する遮熱ハットと冷却スプルーブッシュ、離型性改善の超薄膜フッ素表面処理などの機能性金型部品(商標取得)でものづくり課題の解決と生産性向上を提案する。


本イベントは終了いたしました。

お問い合わせ
  • 来場登録に関するお問い合わせ

    セミナーのお問合せは、こちらからお願いいたします。
    TEL:03‒5696‒1111 (土日祝日を除く 9:00~17:00)
    FAX:03‒5696‒1139

  • 出展・展示内容に関するお問い合わせ

    ものづくりパートナーフォーラム運営事務局(株式会社アントラム内)

    monozukuri@mpf-event.jp
    TEL:03-5403-7588(土日祝日を除く 10:00~18:00)