高速」「保証」「安全」で選ぶ 富士ゼロックスのネットワーク・セキュリティサービスの革新性

富士ゼロックス株式会社 EDS事業本部 SWI推進部 セキュリティグループ 部長 黒佐 誠氏

サイバー攻撃が日々進化し被害が拡大する中、専任のネットワーク管理者がいない多くの中堅中小企業では、「相談できる相手もいない」という大きな不安を抱えながら、打つ手がないというのが現状だ。大手企業においてもIT人材不足の深刻化に伴い、ネットワークの最適化や強固なセキュリティを実現し維持し続けることは、ますます困難となっている。

複合機のビジネスを通じて培った現場業務への深い理解のもと、富士ゼロックスは従来のネットワークとセキュリティに対する概念を変える革新的なサービスを開発し事業展開している。中堅中小企業向けの「beat」は、多段階防御による強固なセキュリティとネットワーク運用のアウトソーシングを一般的なセキュリティソフトと同等の低コストで提供。大手企業向けの閉域網サービス「Smart Cyber Security」は、クラウド時代に対応した高速ネットワークの提供や、SIMカードを差し込むだけでのモバイルワークやIoT化の実現など、付加価値の高いサービスにより、企業の生産性や競争力の向上を図る。

「ネットワーク・セキュリティに関するサービスは、説明を必要とする商品なのです」と、富士ゼロックスの黒佐 誠氏は語る。全国をカバーする富士ゼロックスサービス網による手厚いサポートが同社の大きな強みだ。ネットワーク管理者不在で進化するサイバー攻撃に対処する方法とは?大手企業が最適なネットワーク・セキュリティを実現するためのポイントとは?働き方改革の可能性を広げる、ネットワーク・セキュリティサービスの最前線に迫る。

情シス部門の負担を劇的に減らせる、“名寄せ技術”の仕組みと導入方法とは?

次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BP社が登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。
表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。