「高速」「保証」「安全」で選ぶ富士ゼロックスのネットワーク・セキュリティサービスの革新性

現場業務への深い理解のもと最適なネットワーク・セキュリティを提案

富士ゼロックス株式会社 EDS事業本部 SWI推進部 セキュリティグループ 部長 黒佐 誠氏
富士ゼロックス株式会社
EDS事業本部
SWI推進部
セキュリティグループ
部長
黒佐 誠

「自社にとって最適なネットワークとセキュリティ(以下、ネットワーク・セキュリティ)とは何か? 業務システムに精通している情報システム部門でも、ネットワーク・セキュリティについては余り詳しくないという声をよくお聞きします。ネットワーク・セキュリティに関するサービスは、説明を必要とする商品なのです」と、富士ゼロックス EDS事業本部 SWI推進部 セキュリティグループ 部長 黒佐 誠氏は指摘し、こう続ける。「IT人材が不足する中、ネットワークの最適化や強固なセキュリティを実現し、維持し続けることは、ますます困難となっています」

同社は、複合機などの機械そのものでなく効用を提供するレンタルサービスという画期的なビジネスモデルを定着させ、日本のオフィスにおけるコミュニケーション活動や価値創造を支援してきた。あらゆる業種・業界のオフィス現場に密着し課題を解決してきた同社は、AI(人工知能)・IoT(Internet of Things)時代の新たな価値提供戦略「Smart Work Innovation」を掲げている。デジタル技術を駆使し、オフィスで働く人々に対して、より創造的な仕事に専念できる環境をクラウドネットワークで構築していくことが狙いだ。Smart Work Innovationを実現するためには、今まで以上に高度なセキュリティが必要となることから、次世代セキュリティサービスの開発・提供に注力している。

「複合機のビジネスを通じて培ったお客様の現場業務への深い理解のもと、お客様に最適なネットワーク・セキュリティを提案できることが、当社の大きな強みです。また、機能だけでなく導入時や導入後におけるお客様の負担や不安を解消するお客様目線のサービスにも、これまで現場で培った知見が活かされています」(黒佐氏)

同社は現在、ネットワーク・セキュリティサービス事業として、中堅中小企業向けの「beat」と、大手企業向けの「Smart Cyber Security」を展開している。いずれも、オフィスのセキュリティにおける現状を打開し未来を拓く、これまでにはない付加価値の高いサービスだ。

富士ゼロックスが掲げる「Smart Work Innovation」構想におけるネットワーク・セキュリティサービス「Smart Cyber Security」の位置付け

富士ゼロックスが掲げる「Smart Work Innovation」構想における
ネットワーク・セキュリティサービス「Smart Cyber Security」の位置付け

リモート監視と富士ゼロックスサービス網による手厚いサポート

専任のネットワーク管理者のいない中堅中小企業にとって、進化し手口が巧妙化するサイバー攻撃に追随し対策を講じていくのは、労力とコストの観点で大きな負担となる。「中堅中小企業のお客様とお話をすると、『セキュリティ対策の情報をどこから入手すればいいのか、わからない』、『相談できる相手もいない』など漫然とした不安を抱えながら打つ手がないという現状が見えてきます」と黒佐氏は話す。

同社は、複合機の提供を通じて築き上げた全国をカバーする富士ゼロックスサービス網を活用し、2002年からセキュアネットワーク アウトソーシングサービス「beat」を展開し、多くの中堅中小企業から高い評価と厚い信頼を得ている。中堅中小企業が支持する3つのポイントについて黒佐氏は説明する。

1つめのポイントは、ファイアウォール、ゲートウェイ型アンチウイルス、クライアント用アンチウイルス、迷惑メール判定機能など、脅威に対し多段階で防御するための豊富なセキュリティソリューションをオールインワンで提供する。「インターネットの脅威は単独のセキュリティソリューションでは防御できないという事を前提にしています」

2つめのポイントは、ハードウェアだけでなく、同社の複合機ビジネスと同様に手厚いサポートにより安心・安全なネットワーク環境づくりを支援する。「beat-noc」(ネットワークオペレーションセンター)が回線状況やネットワーク環境を守る専用ハードウェア「beat-box」を24時間365日体制でリモート監視を行うとともに、セキュリティの自動アップデートを実施。beat-nocで異常を検知した場合、beatコンタクトセンターにアラートを通知、必要に応じて富士ゼロックスサービス網のエンジニアが訪問し修理を行う。「提案から設置、運用まで専門スタッフによるきめ細かい対応が、競合との決定的な違いです」

3つめのポイントは、独自技術により外部からアクセスできない完全遮蔽を実現しながら、モバイルワークのニーズに対応する。オフィスから外部に持ち出すPCやモバイル端末をあらかじめbeat-boxに登録しておくことで、beat-nocが許可した端末のみ社内にアクセスすることができる。「LANの標準規格として普及したイーサーネットなどの技術を開発したゼロックスのパロアルト研究所がbeatの技術的バックボーンです」

基本機能を備えた「beat/solo」は月額6,800円からサービスを利用できる。一般的なセキュリティソフトを導入するのと同等の価格で、エンジニアによるサポートも含めサイバー攻撃への強力な防御体制を実現するbeatは、中堅中小企業にとって非常に心強い存在だ。また複数の事業所にbeat-boxを配置するだけで、事業所間を直接接続するメッシュ型VPN(Virtual Private Network)を自動的に構築できるbeat/activeもニーズが高い。

ネットワーク・セキュリティのアウトソーシングで安心・安全なネットワーク環境づくりを支援するbeatの利用イメージ

ネットワーク・セキュリティのアウトソーシングで安心・安全なネットワーク環境づくりを支援するbeatの利用イメージ

閉域網でセキュリティを担保、IPoE方式で高速ネットワークを実現

大手企業ではネットワークを利用するユーザー数も拠点数も規模が大きくなることから、強固なセキュリティを担保した上で、いかにコストを抑えながらスピーディかつ柔軟にデータ活用できる環境を構築していくかという課題は、より複雑かつ高度になる。

「サイバー攻撃対策では、攻撃者との接点をなくすことが重要です。beatは完全遮蔽により入口を塞ぎました。ユーザー数や拠点数の多い大手企業では、インターネットを経由しない閉域網により物理的に隔離されたネットワークを利用することで、サイバー攻撃による脅威から情報を守ることができます」と黒佐氏はポイントを強調する。

同社が提供する閉域網サービス「Smart Cyber Security」は、セキュアな環境を担保した上で、帯域保証サービスだけでなく、クラウドや大容量時代の高速ネットワークを実現し、コストとスピードの課題を解決する。

一般的にベストエフォートといえば、技術規格上の最大通信速度のことで、実際の通信速度は回線の混み具合などによって変化するため、『遅い』と感じるユーザーも出てくる。黒佐氏は「Smart Cyber Securityはアクセス回線として、複数の企業で設備を共用し混雑が発生するPPPoE (Point-to-Point Protocol over Ethernet)ではなく、共用設備の大容量化により混雑を回避するIPoE(IP over Ethernet)を採用しています。そのため、ベストエフォートでも高速通信の実現が可能です。一般的に100 Mbpsの帯域保証によるサービス料金が17万円程、Smart Cyber SecurityならターミナルとなるCPEのレンタルや保守付きで月額11.100円のベストエフォートで高速ネットワークをご利用いただけます」と同サービスの特長を語る。

閉域網接続SIMカードを差し込むだけでモバイルワークやIoTを実現

富士ゼロックス株式会社 EDS事業本部 SWI推進部 セキュリティグループ 部長 黒佐 誠氏

働き方改革の一環としてモバイルワークの導入や検討を進めている企業は多い。課題となるのは、セキュリティと利便性、導入のしやすさだ。「Smart Cyber Securityの閉域網をベースとすることで、モバイルワーク導入の課題を一気に解決できる」と黒佐氏は説明する。

「Smart Cyber Security Mobile SIMは、PCやタブレットに閉域網接続SIMカードを差し込むだけで、インターネットを経由することなく閉域で社内システムやクラウドサービスへの接続を可能とします。社外でもオフィスにいるのと同じ環境で、ストレスなく安心して業務システムを利用できることから、働き方改革の可能性を大きく広げます」

Smart Cyber Security Mobile SIMには、一般的なスマートフォンサービスでよく知られているパケットシェアや繰り越しの考え方が採り入れられていると黒佐氏は付け加える。「当社の営業が、お客様に合ったお得なプランを選択できるように直接訪問し説明します」

2019年4月、Smart Cyber Security Mobile SIMサービスの提供を開始して以来、多くの問い合わせが寄せられている。「モバイルワークはもとより、ネットワーク環境の構築が困難な建築現場や仮設事務所への導入、多くの店舗や拠点で機密性の高い顧客データを扱う小売・サービス業など、幅広い分野のお客様からお声をかけていただいています。また監視カメラに関して複数の商談が進むなど、サイバー攻撃の拡大が懸念されるIoT機器分野からも大きな期待を寄せられています」(黒佐氏)

セキュリティを担保した上で企業の個別ニーズに応える

企業がネットワーク・セキュリティサービスを導入する上で「ネットワークありきではなく、ネットワークを利用して何をやりたいのか」という視点が重要になると黒佐氏は指摘する。

「例えば、クラウドへの移行を機会にネットワークを見直したいというお客様に対し、クラウドサービスの環境構築から移行、運用を含めたトータル提案を行った上で、クラウドサービスへは閉域網からダイレクトに接続、拠点間はIPoEによるベストエフォート、モバイルワークや光回線敷設困難な拠点向けにはSmart Cyber Security Mobile SIMといった、様々なサービスを組み合わせ、お客様の立場に立ち、総合的な観点から最適なネットーク・セキュリティサービスをご提案しています。提案力、技術力はもとより、手厚いサポートに期待するお客様も多くいらっしゃいます」

閉域網を利用しセキュリティを担保した上で大手企業の個別ニーズに応えるSmart Cyber Securityのサービス概要図

閉域網を利用しセキュリティを担保した上で大手企業の個別ニーズに応えるSmart Cyber Securityのサービス概要図

2019年5月、世界190以上の国・地域における閉域網の利用と、国内拠点の閉域網との安全な接続を可能にする「Smart Cyber Security海外拠点接続サービス」の提供も開始している。今後の展望について黒佐氏はこう話す。

「beatもSmart Cyber Securityも統合的な価値を強化し、高度なセキュリティを確保しながらネットワーク運用管理の負荷軽減やコストの抑制に貢献していきます。またSmart Cyber Securityでは、インターネットへ接続するUTM(Unified Threat Management、統合脅威管理)において独自製品を開発中です。これまでにない付加価値を提供する革新的なUTMと閉域網の組み合わせは、クラウド時代における最強のネットワーク・セキュリティサービスとなります。ぜひこの機会にネットワーク・セキュリティを見直し、働き方改革の加速や競争力の強化を実現していただきたいと思います」

富士ゼロックスのネットワーク・セキュリティサービスは、お客様の成長を支え、お客様とともに進化していく。

〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-3 東京ミッドタウン7F
mail:scs-info@fujixerox.co.jp