日経 xTECH Special 日経 xTECH 日経 xTECH Special

屋外に木部を用いた築16年の大規模保育所

愛媛県愛南町は高知県と隣接する県内最南端の町。海あり山ありの自然豊かな環境に恵まれる。その町内で最大規模の保育所が、木材をふんだんに用いて16年前に移転・新築された城辺保育所だ。2019年3月には屋外木部用高耐久性木材保護塗料「キシラデコールコンゾラン」で完成以来2回目の塗り替えを終え、くすんでいた屋外木部が色鮮やかによみがえった。

建物南東側。3つのブロックに分割された屋根の下に、保育室が2つずつ配置されている。手前右側には広々した園庭が広がり、プールも常設されている
建物南東側。3つのブロックに分割された屋根の下に、保育室が2つずつ配置されている。手前右側には広々した園庭が広がり、プールも常設されている
建物北西側に位置する事務棟の、南西面外壁部分の塗り替え前後。ランチルーム前のテラスと同じく、キシラデコールコンゾランのピニーで再塗装。鮮やかによみがえった
建物北西側に位置する事務棟の、南西面外壁部分の塗り替え前後。ランチルーム前のテラスと同じく、キシラデコールコンゾランのピニーで再塗装。鮮やかによみがえった
ランチルーム前テラスの手すり部分の塗り替え前後。前回の塗り替えから10年ほどたってくすんだ木部がキシラデコールコンゾランのピニーでよみがえった
ランチルーム前テラスの手すり部分の塗り替え前後。前回の塗り替えから10年ほどたってくすんだ木部がキシラデコールコンゾランのピニーでよみがえった
城辺保育所全景。正面、シンボルとしてそびえる時計塔の下が、エントランス。左手に事務棟、右手に調理室やランチルームなどが配置されている
城辺保育所全景。正面、シンボルとしてそびえる時計塔の下が、エントランス。左手に事務棟、右手に調理室やランチルームなどが配置されている

 約10年ぶりの塗り替えで保育所の外観はがらりと変わった。「明るくなって気持ちいい。塗料のサンプルを見せてもらった時の想像を超えた出来栄えです」。愛媛県愛南町立城辺保育所で所長を務める猪野実佐子氏は笑顔で話す。

 屋外に木部を持つ保育所だけに塗り替え時期には注意を払っていたという。「塗り替えは原則として10年に1度と考えていました。前回の塗り替えから約10年たったことから、前任の所長の時代に概略設計に着手しました」(猪野氏)。

 塗り替え前は色あせが進み、木部はくすんでいた。南東面の日差しが強い場所では柱表面に割れが生じ、中庭面の湿気がたまりやすい場所では外壁面にカビもみられた。

森塗装店 代表取締役
森 秀典 氏
創業56年の二代目。跡を継ぎ、会社を興した。事業の柱は建築一般塗装で、個人住宅から公共施設まで幅広く手掛ける。一級塗装技能士(建築)などの資格を持つ
愛南町立 城辺保育所 所長
猪野 実佐子 氏
町職員として一貫して保育の現場に携わってきた。城辺保育所には2018年4月に着任し、19年3月には定年退職を迎えた ※肩書きは19年3月の取材時点のもの

個人住宅にもコンゾラン
きれいで長持ち、と好評

 こうした屋外木部の塗り替えには、高耐久性木材保護塗料「キシラデコールコンゾラン」を用いた。見積もり協力から関わり、塗り替え工事を請け負ったのは、新築時にも塗装工事を担当した地元の森塗装店。キシラデコールコンゾランをはじめ、キシラデコールのシリーズ製品との付き合いは長い。

 なぜ、キシラデコールコンゾランを採用したのか。同社で代表取締役を務める森秀典氏は「個人住宅でも塗り替え工事によく使用しています。発注者からは、きれいに仕上がる、長持ちする、と好評です。そこで、保育所でも採用することにしました」と、理由を明かす。

 キシラデコールコンゾランは水性で造膜型の塗料。造膜型として屋外木部を色鮮やかによみがえらせるが、その塗膜は、柔軟性、密着性、通気性に優れ、割れにくく、膨れにくく、蒸れにくい、という特長を持つ。

 つまり、塗膜が一般的なものと違って長持ちする。森氏が評価する点も、一つはこの耐久性の高さ。もう一つは、古材でも明るく仕上げられる色つきの良さである。

 森氏はさらに、水性塗料である点も使いやすさの一つに挙げる。「溶剤を用いない水性塗料のため、臭いがない。その点も、保育所という子どもが生活する空間だけに安心できる、と高く評価しています」。

丁寧な下地処理を心掛け
明るい茶色系のピニーを

 仕上がりを決めるとも言える下地処理では、丁寧さを心掛けた。研磨剤で旧塗膜などを除去し、高圧洗浄後に乾燥させてから、キシラデコールコンゾランを3回、塗り重ねた。

 傷みの目立つ箇所に対しても手間を惜しまなかった。カビがみられた箇所は下地処理の段階で個別に対応し、柱表面に割れが生じている箇所は重ね塗りの回数を4回にまで増やしたという。

 保育所で採用したキシラデコールコンゾランの色は、明るめの茶系である「ピニー」と呼ばれる色。外壁のうちサイディングで仕上げた部分は白色の弾性塗料を吹き付けし直したことから、建物外回りではピニーの色が一段と映える。

 塗り替えにはキシラデコールコンゾラン――。それは、個人住宅だけでなく公共施設でも通用するセオリーなのである。

愛南町立城辺保育所 再塗装工事
愛南町立城辺保育所 再塗装工事
所在地/愛媛県南宇和郡愛南町城辺甲2491
敷地面積/7202.69m2
延べ床面積/1422.33m2
構造・階数/木造、平屋建て
発注者/愛南町
設計・監理者/山下建築設計事務所
施工者/森塗装店
施工期間/2018年12月~19年3月
町内に8カ所ある公立保育所の一つ。開設は1964年12月。2003年4月に現在地に移転・新築された。定員は150人と町内最大の規模を持つ
木材保護のトータルソリューションパートナー 大阪ガスケミカル株式会社

お問い合わせ

大阪ガスケミカル株式会社
大阪
〒550-0023
大阪市西区千代崎三丁目南2番37号 ドームシティガスビル
FAX:06-4393-0054
東京
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町二丁目6番1号 日本橋本町プラザビル4階
木材保護塗料に関する情報満載!>>www.xyladecor.jp/