日経 xTECH Special 日経 xTECH 日経 xTECH Special

震災復興が進む「熊本城」を訪ねて

2016年4月に発生した熊本地震で甚大な被害を受けた熊本城の復旧が着々と進んでいる。大天守の外装の復旧工事がほぼ終わり、外観の特別公開が始まった。外壁を覆う下見板張りの塗装に採用されたのは「キシラデコールフォレステージHS」。高濃度に顔料を配合し、高い着色性や耐候性を持ち、メンテナンス周期を長くできるのが大きなメリットだ。

10月5日から外観の特別公開が始まった熊本城の大天守。現在の天守閣は1960年に再建されたもの。地上6階建てで、下層階は鉄骨鉄筋コンクリート造、中層階は鉄筋コンクリート造、上層階は鉄骨造 (写真提供 : 3点とも熊本市)
10月5日から外観の特別公開が始まった熊本城の大天守。現在の天守閣は1960年に再建されたもの。地上6階建てで、下層階は鉄骨鉄筋コンクリート造、中層階は鉄筋コンクリート造、上層階は鉄骨造
(写真提供 : 3点とも熊本市)
大天守の外壁を覆う下見板張りは、「キシラデコールフォレステージHS」で塗装した。3回塗りすることで「黒よりも濃い黒色」になったといい、建具や水切りなど金属部材の黒色とも調和した。写真左手、大天守の隣では小天守の復旧工事が進む
大天守の外壁を覆う下見板張りは、「キシラデコールフォレステージHS」で塗装した。3回塗りすることで「黒よりも濃い黒色」になったといい、建具や水切りなど金属部材の黒色とも調和した。写真左手、大天守の隣では小天守の復旧工事が進む

 2019年10月5日、熊本地震で被災して以来3年半ぶりに熊本城の一般公開(特別公開第1弾)が再開された。大天守外観の復旧が終わったのを記念したものだ。日差しに白く輝いて見える屋根瓦、破風や軒まわりのしっくい、そして黒く塗装された下見板張りの外壁といった装いが、以前の姿のまま復旧された。

 「震災直後はあまりの被害の大きさに途方に暮れたほどでした。復旧に当たっては、熊本城のシンボルである天守閣を復興のシンボルと位置付け、優先的に復旧を進めてきました」。そう説明するのは、復旧を手掛ける熊本市経済観光局熊本城総合事務所建築整備班技術主幹の城戸秀一氏だ。

 熊本市は16年12月に「熊本城復旧基本方針」を策定。7本柱からなる基本方針の1つに、復興のシンボルとして天守閣の早期復旧を掲げた。大原則は、被災前の状況に戻すこと。ただし、単なる復旧ではなく、これを機に耐震補強やバリアフリー化、内部の展示刷新、防耐火性能の向上などを図る。外観の特別公開が始まった今も、内部では工事が続いている。

田代 純一 氏
熊本市経済観光局
熊本城総合事務所
建築整備班
参事
田代 純一 氏
城戸 秀一 氏
熊本市経済観光局
熊本城総合事務所
建築整備班
技術主幹
城戸 秀一 氏

石垣の上に複雑な屋根の天守閣
塗装周期の長い耐久性を重視

 「躯体の被災状況を調べるために、外装材や屋根瓦をすべて撤去する必要がありました。調査の結果、躯体は使い続けられることが確認できたので、まず大天守を先行して瓦や外壁を復旧しました」。熊本市経済観光局熊本城総合事務所建築整備班参事の田代純一氏はそう説明する。

 熊本城といえば、松本城や岡山城などと並んで「黒い城」として知られる。熊本城の「黒」を強く印象付けるのは、下見板張りの外壁だ。木材保護塗料「キシラデコール」は、そのほかの復元櫓の下見板の塗装で用いた実績があり、性能の高さは確認していた。

 今回の復旧工事では、改めて塗料を比較検討。その結果、木への着色の強さがワンランク上の「キシラデコールフォレステージHS」の黒色の採用を決めた。その理由を、田代氏はこう説明する。「天守閣は石垣の上に建っていることに加え、複雑な形状の屋根が架かっています。コストのかかる足場が必要な塗り直しは、そう簡単にはできません。塗料には、メンテナンス周期を長くできる耐久性が欠かせません」。

黒色の金属部材とも調和
3回塗りで『黒より濃い黒』

 「フォレステージHS」は、高耐久の木材保護塗料として新たに開発されたものだ。キシラデコールと同様、塗膜をつくらない浸透タイプだが、高濃度に顔料を配合して着色性や耐候性、耐摩耗性を高めている。

 基本的には2回塗りでよいが、今回は3回塗りとした。「1回多く塗れば耐候性は上がります。しかも、2回塗りとの違いがひと目で分かるほど『黒よりも濃い黒』になり、熊本城らしくなりました」と城戸氏は話す。

 3回塗りの効果はもう1つある。3回塗ったことで、黒く着色した建具や水切りなどの金属部材とも調和する色調になった点だ。その実績をもとに、現在、大天守の隣で復旧工事が進む小天守の外壁でも「フォレステージHS」を採用する予定だ。

 復旧工事の進捗とともに特別公開のスケールも広がる。2020年春に第2弾、さらに21年春には天守閣の完全復旧として第3弾を予定する。

熊本城
熊本城
所在地/熊本県熊本市中央区本丸地内
延べ床面積/3068m2
構造/鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造
階数/地下1階・地上6階
施工期間/2017年2月〜21年3月(予定)
南東から城内を見渡す。写真手前に横たわる本丸御殿の向こうに大小の天守閣が建つ。内部にも入ることのできる天守閣の完全復旧は2021年春の予定。広大な城内の至るところで復旧工事が進んでおり、復旧には20年かかるとされる
木材保護のトータルソリューションパートナー 大阪ガスケミカル株式会社

お問い合わせ

大阪ガスケミカル株式会社
大阪
〒550-0023
大阪市西区千代崎三丁目南2番37号 ドームシティガスビル
FAX:06-4393-0054
東京
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町二丁目6番1号 日本橋本町プラザビル4階
木材保護塗料に関する情報満載!>>www.xyladecor.jp/