日経 xTECH Special 日経 xTECH 日経 xTECH Special

xTECH EXPO 2019レビュー

楽天クラウド×OpenStackが凄い

楽天コミュニケーションズ

「楽天クラウド」が先進のIaaSに進化
OpenStackの最新技術を迅速に提供

楽天グループのICT事業会社である楽天コミュニケーションズは、パブリッククラウドサービス「楽天クラウド」を全面的にリニューアルし、新たに「楽天クラウド Red Hat® OpenStack Platform」の提供を開始した。世界中のデベロッパーが参加してオープンソースソフトウエアを開発するOpenStackプロジェクトの結果を反映した機能拡張が継続的かつ自動的に行われるため、常に最新の技術を活用できる。楽天グループのアセットとスムーズに連携できるのもメリットだ。

「楽天クラウド」が全面リニューアル
レッドハットの認定クラウドに

山口 英治氏
楽天コミュニケーションズ株式会社
クラウドソリューションビジネス部 部長
山口 英治

 デジタル技術を駆使し、新しい価値創出やビジネスモデルの創造を目指すデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する企業が増えている。そのためのインフラとしてクラウドサービスが広く利用されている。俊敏かつ柔軟なリソースの調達が可能になり、アプリケーションの開発や検証がやりやすくなる。デジタルビジネスを支える基盤としてのポテンシャルも高い。

 しかし、クラウドサービスに求められる要件はこれだけでは足りない。デジタル技術は急速に進化している。これをタイムリーにキャッチアップしなければ、新しい価値創出は難しい。こうしたニーズに対応するため、楽天コミュニケーションズは新たなクラウドサービスの提供を開始した。

 それが「楽天クラウド Red Hat® OpenStack Platform」である。これまで提供していたパブリッククラウドサービス「楽天クラウド」を全面的にリニューアルし、クラウドプラットフォームにレッドハットの「Red Hat® OpenStack Platform」を採用したIaaS基盤だ。「これまでの『楽天クラウド』の導入実績と知見を基に、環境構築支援から保守まで一貫したサポートを提供し、クラウドサービスの価値向上に貢献します」と同社の山口英治氏は語る。

 レッドハットの認定クラウドとして、5年間のサポートサービスも提供する。ユーザーは長期にわたってIaaS基盤のクオリティを維持することができる。

「VMware NSX-T Data Center」を採用し
国内で先駆けの構成環境を実現

 「Red Hat® OpenStack Platform」には、世界中のデベロッパーが参加してオープンソースソフトウエアを開発するOpenStackプロジェクトの結果が反映される。「常に最新の技術を即座に取り込み、機能拡張が継続的かつ自動的に行われていきます。柔軟で拡張性の高いクラウドネイティブなインフラをスピーディに構築し、最新のオープンソーステクノロジーに基づいて、新しいことにチャレンジしやすくなる。DXの取り組みが大きく加速するでしょう」と山口氏はメリットを述べる。

 クラウドサービスはインターネットを介して利用するため、セキュリティの確保は重要な要件である。この点についても「楽天クラウド Red Hat® OpenStack Platform」は画期的な仕組みを提供する。

 プラットフォームにはネットワーク仮想化プラットフォーム「VMware NSX-T Data Center」も採用している。「これにより、IaaS上のテナントごとにプライベートネットワークを生成できます。許可されたユーザーしか接続できないため、不正アクセスや情報漏えいのリスクが極めて低く、複数のパブリッククラウドを組み合わせて利用するマルチクラウド環境においてもセキュアにサーバーを構築・運用することが可能です。ネットワークトポロジーも可視化できるため、運用も効率化できます」と話す山口氏。「Red Hat® OpenStack Platform」と「VMware NSX-T Data Center」を組み合わせたクラウドサービスは日本では先駆けだという。

新しい「楽天クラウド」の概要と特長
最新のオープンソーステクノロジーとネットワーク仮想化機能をクラウドサービスで提供する
新しい楽天クラウドの概要と特長
[画像のクリックで拡大表示]

楽天グループのシナジーを生かし
DX戦略の実現を幅広くサポート

 インフラとしての優位性に加え、楽天グループの技術やアセットを最大限に活用できることも大きなアドバンテージだ。

 例えば「Rakuten RapidAPI」は、世界中の1万以上のAPIを利用できる世界最大級のAPIマーケットプレイス。「多様な技術やサービスをつなぐAPIを利用することで、新しい価値を生み出しやすくなります。新サービスの開発も効率的かつスピーディに進められるでしょう」(山口氏)。

 分かりやすいインタフェースで、開発者は必要なAPIを容易に検索することができる。APIはREST形式で提供されるため、アプリへの埋め込みも簡単に行える。ダッシュボードを用いて利用中のAPIの状況(APIコール数、レイテンシ、エラー率など)も一括管理できる。

 自社のAPIを公開し、収益化することも可能だ。そのための仕組みも用意している。「Rakuten RapidAPI」のユーザー(開発者)は世界50万人超。世界中の技術や知見を簡単に利用でき、開発したAPIを新たな収益基盤とすることもできるのだ。

 EC事業をはじめとする「楽天エコシステム(経済圏)」のビッグデータも活用しやすくなる。「楽天グループでは国内1億件以上の購買データを蓄積しており、年齢・性別、食生活や健康志向、情報・商品感度、消費意識など多岐にわたる属性を数値化したデータを提供可能です。さらに楽天が開発したAIエージェントを活用すれば、消費行動情報などのビッグデータを分析し、マーケティング活動を高度化することができます」と山口氏は強みを述べる。

 また、楽天コミュニケーションズは、法人向けにもSIMカードを提供している。「例えば、このSIMカードと楽天クラウドを接続すればデータはインターネットを介さずセキュアに通信することができますので、多種多様な人モノ金のデータを秘匿性をもって収集し、楽天グループのアセットと組み合わせた高度な分析などのソリューションをクラウド上で実行できます」(山口氏)。

 実際、楽天グループとの協業を視野に、既存のクラウドサービスから乗り換えを検討する企業も多いという。その中で先行導入を果たしたアーリーアダプターにとって、新しい「楽天クラウド」は事業基盤の1つとして重要な役割を担っている。

 ある企業はビジネスを高度化するAIインフラの基盤として活用し、AIロボットによる施設案内サービスを実現した。SaaS事業を支える新基盤として活用するサービスプロバイダー、モバイルアプリの開発基盤として活用するゲーム会社などもある。

AIエージェントと組み合わせた活用例
「楽天クラウド」上でビッグデータ分析ができるように。顧客へのサービス提供基盤にもなる
「Rakuten AIris」と組み合わせた活用例
[画像のクリックで拡大表示]

 楽天コミュニケーションズは2019年10月9日~11日に東京ビッグサイトで開催された「日経 xTECH EXPO 2019」の同社ブースで「楽天クラウド Red Hat® OpenStack Platform」をローンチした。「期間中は来場者の多くが関心を示し、アンケート調査では約4割が高い利用意向を見せています」と山口氏は話す。

 DXの流れが加速する中、革新的なアプリケーションの開発基盤として、またデジタルビジネスを支える基盤として、クラウドの重要性はますます高まっている。楽天コミュニケーションズは「楽天クラウド Red Hat® OpenStack Platform」の提供に加え、その価値を高めるサービスの拡充に努め、楽天グループのシナジー効果で顧客のDX戦略を強力にサポートしていく。

 なお、2020年1月末まで、「楽天クラウド」を無料で利用できるトライアルを実施中だ。最新のクラウド基盤を活用したい、DXに取り組みたい、ビジネス基盤を探しているといったニーズがあるなら気軽に問い合わせてみてはどうだろうか。

「楽天クラウド」の詳細(無料トライアル)はこちら

楽天コミュニケーションズの出展ブース
リニューアルした「楽天クラウド」の説明に熱心に耳を傾ける来場者の姿が数多く見られた
楽天コミュニケーションズの出展ブース
[画像のクリックで拡大表示]
お問い合わせ