日経 xTECH Special

ウィズコロナ時代に欠かせない店舗改革

小売店で最も感染リスクが高まる瞬間は
どんなタイミング?

新型コロナウイルス感染拡大に対する緊急事態宣言が解除されたとはいえ、有効なワクチンが存在しない今、まだまだ予断を許さない状況である。そんななか「買物中に感染リスクがある」または「店舗側の感染対策が不十分」だと感じている消費者は少なくない。

もし店舗側がこのような状況を放置しておけば、そのうち客足が遠のいてしまうだろう。利用客は、対策が万全な別の店舗に自然と流れてしまうからだ。

さらに、飛沫感染の危険にさらされながら仕事をしている従業員に対するケアも必要だ。離職防止、人材採用のためにも、安心して働ける職場環境の整備は喫緊の課題である。

つまり、新型コロナウイルスと共存しながら、ビジネスを展開していくことを意味する「ウィズコロナ」に対応していかなければ、生き残ることは不可能なのだ。

とはいえ、ウイルス感染拡大の第二波の到来が懸念される現在、やみくもに時間やコストをかけて対策を講じればよいという訳ではない。

そこで、新型コロナウイルス感染対策に有効で、現実的な方法がどのようなものなのか考察していこう。