AWS SUMMIT ONLINE JAPAN Report ニューノーマル時代の金融システム 7つの事例に学ぶ クラウド化の現状と課題とは?

もはや大手の金融機関でも当たり前となりつつあるクラウドの活用。特に、日進月歩で進化するFinTech分野では、新しいアイデアの実現に向けてクラウドが活用されるケースは少なくない。ニューノーマル時代では、さらに積極的なクラウド活用が広がっていくだろう。一方、コントロールできる環境が自社から離れてしまうといった不安から、高度な安全性・信頼性を求められるシステムでは、クラウド活用に抵抗感があるのも事実だ。ここでは、今後金融システムでAWSを活用する場合にどんなポイントを押さえておくべきなのか。7つの事例を基に解説したい。

ふくおかフィナンシャルグループ 顧客中心の新商品・サービス創出のカギを握る“おいしいデータレイク”の作り方とは SOMPO ホールディングス コロナ禍を経て「DX or Die」の時代へ SOMPOが向かう新たなデジタル戦略とは 三井住友信託銀行 中期経営計画でクラウド活用の推進を宣言 5年で70%の分散系システムをクラウドへ 東海東京フィナンシャル・ホールディングス 柔軟性やスピードを生かし、新サービスを構築 AWS活用で広がる金融ビジネスの未来 QUICK/日本カードネットワーク サービス基盤の可用性を強化し 競争力のあるサービスを開発するために 日本取引所グループ クラウドを基盤に据えて 金融市場インフラのデジタル化を推進 クレディセゾン/東京海上日動火災保険/みずほ情報総研 金融業界のDXを支える クラウド活用人材の育成術とは

次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BPが登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。
表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。