日経クロステック

「世の中のためになる研究」という視点
異分野知識の融合と企業連携で推進する材料開発

クモの糸ができる過程を初めて分子レベルで解明し、似た特性を持つ人工シルクの研究で知られる京都大学大学院の沼田圭司教授は、「世の中にためになるか」という視点で研究を進めているという。注目を集める若き化学者は、どのような姿勢で日々取り組んでいるのか。その成果からモチベーション、論文への意識、企業との関わりまでを聞き、イノベーションを生む研究の真髄を探る。

京都大学大学院 工学研究科 材料化学専攻 高分子材料化学講座 生体材料化学分野 教授 沼田圭司氏

沼田圭司

京都大学大学院 工学研究科 材料化学専攻
高分子材料化学講座 生体材料化学分野
教授

次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BPが登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。
表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。