ITコストの見直しがDX推進の近道 間違いだらけの企業戦略とIT投資 限られたリソースを有効活用するには

日本リミニストリート株式会社 社長 脇阪 順雄氏
日本リミニストリート株式会社 社長 脇阪 順雄氏

AIやIoTなどのデジタル技術を活用してビジネスを変革するデジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組む企業が増えている。一方、限られたIT予算の中で、DXに投資する余力がないという企業もある。ERPなど基幹システム(System of Records:SoR)の運用・保守にコストがかかり過ぎ、顧客視点の戦略的なシステム(Systems of Engagement:SoE)構築や、事業部門などでのデータ活用(System of Insight:SoI)を推進できないようでは本末転倒といえる。実は、こうした誤ったITコストをかけている企業は少なくないのだ。

日経BP 総合研究所イノベーションICTラボ 所長 戸川尚樹
日経BP 総合研究所イノベーションICTラボ 所長 戸川尚樹

では、そうした誤りを正し、DX実現に向けてIT投資を適正化するにはどうすればよいのか。まずは、企業としての今後の戦略とIT投資の方向性が合致しているかをチェックする必要がある。その上で、会社として最優先で進めたいことは何なのか、そのためにITをどのように活用していくのかを改めて考えなくてはいけない。IT投資の最適化に向け、具体的にどう進めればいいのか、日経BP 総合研究所 イノベーションICTラボ所長の戸川尚樹が日本リミニストリート社長の脇阪 順雄氏に聞いた。


自社の現状・とるべき施策をフローチャートで解説

次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BPが登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。
表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。