日経クロステック Special

ニューノーマル時代を乗り越える ニューノーマル時代を乗り越える - 自動車サプライヤーのデジタル変革を加速する3DEXPERIENCEプラットフォーム

電動化と自律化を軸に自動車産業の変革が進む中、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が変えたニューノーマルとも言える新たな時代に向けて、自動車サプライヤーに求められているのがデジタルを活用した設計や製造のプロセス改革だ。ダッソー・システムズはデジタルトランスフォーメーション(DX)基盤として「3DEXPERIENCEプラットフォーム」を提案する。

企業のレジリエンスを高める
DXによる設計・生産プロセス改革

 暮らしや社会を一変させたCOVID-19。経済だけでなく、企業活動にも大きな影響が及び、人の移動や接触を減らすためにもリモートワークが推奨され、情報や課題の共有、進捗管理、承認や決裁、社内会議などをオンライン上でも行えるように各企業は対応を迫られた。

 それは自動車業界も例外ではない。ウィズコロナ時代のいわゆる“ニューノーマル”に、中小を含むサプライヤーはどのように対応し、困難を乗り越えるレジリエンス(復元力・回復力)をどのようにして高めていくべきだろうか。

 こうした厳しい状況の中で提唱されている1つの方策が、DX推進による設計と生産を中心とするプロセスの改革である。

 情報の構造化と流通、ナレッジやノウハウの蓄積と再利用化などを通じて、部門内外のコラボレーションを強化し、高度化する自動車の開発および生産に効率的に取り組める仕組みを構築することが、ニューノーマルの時代を勝ち抜くには不可欠との認識が広がり始めている。

 そこで、国内外の自動車メーカーおよびサプライヤーがDXの基盤として導入しているのが、ダッソー・システムズの「3DEXPERIENCEプラットフォーム」だ(図1)。

図1 「3DEXPERIENCEプラットフォーム」のアプリケーション
一元的なデータ管理基盤の上に、3Dモデリング、シミュレーション&製造、ソーシャル&コラボレーション、インフォメーション・インテリジェンス、3DEXPERIENCEプレイなどのアプリケーションを構築できる「3DEXPERIENCEプラットフォーム」

 次ページでは、多くの特長を備える「3DEXPERIENCEプラットフォーム」の中でも、製品設計、CAE、働き方改革、AI・IoT・VR活用、という4つの観点をピックアップ。併せて、TOYO TIRE、アルプスアルパイン、武蔵精密工業の事例も簡単に紹介していく。