日経クロステック Special

ニューノーマル時代を乗り越える 情報摩擦のムダを減らし協調設計を促進 設計・解析の価値を最大化する

ものづくりのデジタル化において重要なピースとなるのが、データ共有やデータ資産の再利用を促進するデータ・プラットフォームだ。ダッソー・システムズの「3DEXPERIENCEプラットフォーム」は、データの自動的な紐づけやナレッジの共有などを通じて、解析(CAE)を含むものづくりのデジタル化を加速する。同社でこの分野を担う二人に詳細を聞いた。
品川氏
品川 貴志
ダッソー・システムズ株式会社
技術部 SIMULIA
テクニカル・マネージャー

 ものづくりのデジタル化が加速している。設計部門では3D CAD、解析部門では各種CAE、テスト部門では自動化ツールなどが導入され、それぞれ効率化が図られてきた。

 一方で、データ管理(ファイル管理)に関しては依然として人手による作業が中心で、部門間でのデータ共有、データ資産の再利用、およびナレッジの蓄積はあまり進んでいない。

 「たとえば解析の現場では、担当者は解析モデルの作成に当たって、その時点で最新となるCADデータのファイル名や格納先を設計部門の各担当者に毎回のように確認しているのが実情です。また、解析を進めている間に設計データが更新されて、解析作業の手戻りが発生してしまうことも少なくありません」とダッソー・システムズの品川貴志氏は課題を挙げる。

 しかも、データ管理の運用ルールを定めても、“例外”がいつの間にか増えて、結局は属人的な管理に戻ってしまうこともある。

鈴木氏
鈴木 智和
ダッソー・システムズ株式会社
技術部 SIMULIA
テクニカル・マネージャー

 「『情報摩擦』とも呼べるような非効率なデータ管理によって生じる損失は実は大きく、グローバルな航空宇宙関連メーカーの規模になると年間で数百億ドルにも達するとも言われています。人手による運用から脱却し、データ管理の自動化やデータ流通の円滑化を実現するのが、いわゆる『プラットフォーム』であり、ものづくりのデジタル化において欠かせません」と同社の鈴木智和氏は説明する。

 では、タイヤメーカーのTOYO TIREや自動車部品メーカーの武蔵精密工業などが導入し、大きな成果をもたらしているダッソー・システムズのプラットフォームとはどのようなものなのか、既存の環境にどのように整合するのか、具体的に説明していこう。