DXを支える業務オペレーションの実現「デジタルの民主化」による現場部門主導の業務デジタル化

コクヨ、セブン&アイ・ホールディングス、大和ハウス工業、日本航空、日本特殊陶業、三菱UFJ銀行、横浜ゴム…。

各分野を牽引する大企業がいま続々と導入を決めているソリューションがある。COVID-19の収束後を見据え、攻めに転じるべく企業の動きを活発化させるため、DXを支える業務プロセスのデジタル化は喫緊の課題だ。

壁は高い。新たなビジネスモデルを創造しても、事業展開に時間を要したために絶好の機会を逃すことも往々にしてある。しかしDXに注力するIT部門には、現場のニーズに応える余力は残っていない。今求められるのは、現場自らが業務プロセスのデジタル化に着手できる環境。激変したビジネス環境で成長機会をチャンスにつなげる業務プロセスのデジタル化に迫る。

3カ月で20業務のデジタル化成功事例も。
DX推進企業は何を考えているか?