日経 xTECH Special 日経 xTECH 日経 xTECH Special

日本の町工場のものづくりを成功へ導く

いま製造業では第4次産業革命やIoTといった製造のデジタル化が進むとともに、SDGsなど社会的課題の解決も相まって、様々な変革の波が押し寄せている。そこへまったく新しいスタイルで挑んでいるスタートアップ企業が、キャディ(東京・台東区)だ。“町工場”というイメージに代表される日本の製造業の下請け構造に対して、製造業の受発注プラットフォーム「CADDi」を提供することで、特定の1社に紐付く多重下請けの構造をもっと生産的な関係にアップデートしようとしている。キャディ代表取締役の加藤勇志郎氏に同社が目指す変革の理念について語ってもらった。

「日本を押し上げてきた一番大きな産業が製造業。その製造業のものづくりをアップデートしていくことは国としての命題なのではないでしょうか」。キャディ代表取締役の加藤勇志郎氏はこう語る。外資系コンサルティング会社に入社後、大手メーカーの購買・調達改革、IoT/Industry4.0案件の立ち上げなどを担当し、たった2年でマネージャーに昇進した。そのなかで大きな市場を持ちなおかつグローバルに戦える舞台として、製造業の改革を目指すキャディを創業した。

町工場のポテンシャルを
最大に活かす「場」を提供

 製造業では特注品と呼ばれる受注生産の部品が多く用いられる。従来の産業構造では部品の作り手である町工場が、発注側であるメーカーの下請けとして生産を担ってきた。しかし、部品加工会社は限られた取引先との関係に頼り、発注会社は多品種少量生産のために、多くの下請けを抱えるコストが発生する。加藤氏が立ち上げた、製造業の受発注プラットフォーム「CADDi」は、こうした旧態然とした産業構造にメスを入れる。

 「具体的には、装置産業機械やプラントのメーカーが特注品の図面をCADDiに送ると、独自のノウハウを生かすことで、最適な加工会社を選び、最短2時間で見積もりを返します。一方、バックヤードではキャディのパートナーである中小の部品加工会社に発注して、キャディが品質・コスト・納期を保証しつつ、メーカーへの納品まで責任を負います。発注会社はCADDiに依頼すれば、どこの下請け会社かを意識することなく、コストと品質と納期が保証された特注品を入手できます。一方で部品会社はCADDiに参加していることで、自社の得意分野を生かして多くのメーカーから部品の受注ができます」(加藤氏)。

 キャディが発注会社と部品会社の間を取り持つ「場」として、受発注プラットフォームを提供することで、双方が見積業務や管理業務に忙殺されることなく、発注会社はCADDiに見積もり依頼するだけで安くて良い特注品を調達でき、部品加工会社はこれまでの固定化された下請け関係から脱した幅広いビジネスに手を伸ばせる。

 もちろん、キャディの苦労は一通りのものではない。図面の不明を明確にしたり、複数の段階を経る部品加工や組み立てを管理したり、サプライチェーンは複雑になる。しかし、何度もCADDiを利用してもらうことで、よりスムーズに機能するようになる。

強みを発掘して伸ばす、
マッチングからサクセスへ

 受発注のスピード感とは裏腹に、加藤氏はCADDiのカスタマーであるメーカーや、パートナーとなる部品加工会社とのコミュニケーションを大切にする。加藤氏は取引先に話をするとき、まずCADDiの世界観を説明するのだという。

 「製造業×テクノロジー、製造業×デジタルという世界が必ずやって来ます。不可逆な流れであり、50年後、100年後も今のままということはありません。今まで積み重ねてきた日本のものづくり産業の一員として、自社のポテンシャルをどのように解放して、どのようなことをやっていきたいか。それを考えることが最も重要だと説明しています」。

 加藤氏が中小企業であるパートナー会社と話をする中で思うのは、「意外に自社の強みをきちんと理解している会社が少ない」ことだと指摘する。「自社が強みだと思っていることが全体から見ると強みではなくて、逆に当たり前だと思っていることが強みだったりします」。それは数多くの企業と付き合う中で客観視して分かってくるもので「自社の強みが埋もれているケースが多い」のだという。

 「その企業のどこを強みとして認識し、どのように伸ばしていくかを一緒に考えていくのは、キャディをやっていく上での醍醐味でもあります」と微笑む。そうした企業の中にはキャディを介したことで、売り上げを5倍に伸ばしたところも現れている。キャディが目指すのは、単なるマッチングではなくその先の「サクセス」と加藤氏は表現する。

 加藤氏は、「キャディは日本の製造業に生き残るための1つの方法を提案し、製造業がよくなっていくための流れを作っていると自負しています。そうした中で、製造業のポテンシャルを解放するためには、それぞれの会社自身も世の中を知り、多くの産業と交流することが必要だと感じています。デジタル化やグローバル化が進展し、コロナ禍や自動車の電動化などの環境変化もあります。製造業は今、日本が成長した高度経済成長期と同じように時代の大きな変化にさらされています。それだけに、世の中を知るためのアンテナを張り続けることが重要です」と語る。

 生き残る側の製造業に名乗りを上げるためにも、従来のビジネスの枠の中で守りに入るのではなく、様々な企業や人と交流することで今後の世界の動きを見つめることこそが、50年、100年後にビジネスを継承するための道なのだ。

プロフィール

キャディ
代表取締役
加藤 勇志郎

東京出身。東京大学経済学部卒業後、2014年に外資系コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。2016年にマネージャーに昇進。日本・中国・アメリカ・オランダなどグローバルで、製造業メーカーを多方面から支援するプロジェクトをリード。特に、大手メーカーに対して購買・調達改革をサポートした他、IoT/Industry4.0領域を立ち上げ時から牽引。2017年11月にキャディ株式会社を創業。モノづくり産業の本来持つ可能性を解放することをミッションに、テクノロジーによる製造業の改革を目指す。

キャディ代表取締役の加藤勇志郎氏は、中小企業のビジネスマッチングのイベント「産業交流展2021」において、オンラインで講演を行います。

モノづくり産業の
ポテンシャルを解放する
~キャディの目指す
製造業発展の道筋~

期間限定(11月22日・23日)の
オンライン配信になります。
ぜひ参加登録のうえ、
ご視聴ください(無料)。