教育とICT OnlineSpecial

学習支援・校務支援から「人と人をつなぐ」ツールへ 1人1台PC時代を見据えて進化し続けるソニーの4K大型提示装置

高画質と視認性の高さで注目されるソニーの4K大型提示装置。しかし、同機の強みはディスプレイとしての画質の優位性だけではない。別売りのタッチパネルを装着すれば電子黒板としても活用できる拡張性。さらに、HTML5対応、Android TV機能搭載のため、他ソリューション・アプリと組み合わせることで、遠隔授業やデジタル教科書・教材などへの対応もバージョンアップ可能だ。教育ICT化の中核機器として活用を期待されている同機は、1人1台PC時代を迎えて、今後どのように進化していくのか──。ジョルテ「スマートシティカレンダー」との連携という新たな取り組みにスポットを当て、4K大型提示装置の可能性を探った。

1人1台PC時代に向けて提案する
4K大型提示装置の新たな取り組みとは?

倉敷市教育委員会倉敷情報学習センター 館長 尾島 正敏氏 倉敷市教育委員会
倉敷情報学習センター
館長 尾島 正敏

 1人1台PC時代を迎えた今、教育現場で大きな課題となっているのは、子どもたちのPCをどう活用するか、他のIT機器とどう連携させて教育効果を高めるかということだ。

 それに対する回答として、ソニーの4K大型提示装置には、遠隔授業、デジタル教科書・教材への対応による学習支援に続き、新たな取り組みがある。

 その一つが、カレンダー&システム手帳アプリの大手・ジョルテの「スマートシティカレンダー」との連携だ。

 この新しい取り組みについて、倉敷市教育委員会倉敷情報学習センター館長・尾島正敏氏は、「1人1台PC時代に向けて、子どもたちの情報発信ツールとして活用できるのではないか。そうすれば、単に校務の効率化だけでなく、主体的な学びや情報リテラシーを高めることにもつながる」と語る。

 同氏やジョルテ代表取締役社長・下花剛一氏の話を交えながら、4K大型提示装置の新たな活用法や教育効果を追った。

 そこからは、1人1台PC時代におけるIT機器活用の一つの方向性が見えてくる。

NEXT 教育現場のニーズに応えるソニー4K大1P型提示装置の実力