日経ビジネス電子版 Special 週刊日経ビジネス電子版 SPECIAL日経ビジネス電子版

DX戦略と未来工場構想でビジネスを変革

アビームコンサルティング

ビジネス変革を実現する
DX戦略と未来工場構想

近年、インダストリー4.0をはじめ、様々なデジタル戦略が打ち出されている。製造業において、ビジネス変革を実現するために目指すべき「未来工場」を定め、ゴールに向けた具体的な構想が必要だ。講演では製造業におけるDX事例から未来工場の構想と戦略を語った。

橘 知志 氏
アビームコンサルティング株式会社
執行役員 プリンシパル P&T Digital ビジネスユニット IoTセクター長

橘 知志

 経済産業省がデジタルトランスフォーメーション(DX)の指標を発表したことで、今後、ますます企業や自治体でDXが推進されていくだろう。しかし、現状は期待通りに進んでいない。そうした中で、DXを進めていくにはものの見方や考え方の変化に対応して、多面的にDX戦略を策定する必要性が求められている。「DX戦略として未来の姿を描くには既存の延長ではなく、未来の構想が重要になります。またデジタル化のプロセスでは、業務単位からビジネスのストーリー単位で考えなければならないのです」とアビームコンサルティングの橘知志氏は語る。同様に、デジタル技術やヒト・組織、エコシステムなどの考え方をDX時代に合わせて変えていく必要がある。

 その上で、プロセス変革とプロダクト変革の2軸でDXを実現していく。「最終的なゴールは競争優位性の確立とビジネスモデルの変革です。そのために現場改善から始めて、プロセスを変革し、デジタルビジネス基盤を構築します。また、現場改善から製品とサービスの拡充でプロダクト変革に取り組み、マネタイズを実現していくのです(図)」(橘氏)。

DX実現の方向性
プロセス変革とプロダクト変革の2軸でDXを実現していき、将来にわたる競争優位性を確立していく
DX実現の方向性
[画像のクリックで拡大表示]

あるべき姿をゴールに
ストーリーをつくる

 未来工場には、継続的にカイゼン活動が取り組まれるスマート工場と、ビジネス変革を実現したプロフィットセンターとしての工場がある。

 DXの実現はあるべき姿を描き、ゴールを起点としたストーリーをつくることが重要だ。そのために、課題やニーズを洗い出してインダストリーアジェンダを見定め、ビジネスシナリオを構築していく。

 未来のモノづくりに取り組むDXの事例として、次の4社がある。
①化学メーカー:デジタル化の潮流やビジネス環境の変化から未来工場の姿を描く必要性を痛感、ビジネス変革に耐えうる未来工場を構想。
②ハイテク機器メーカー:市場トラブルを未然に防ぐため、製品挙動データを設計・開発段階から活用、品質評価アルゴリズムを構築し、バリューチェーンを横断したシナリオを実現。
③住宅設備メーカー:熟練工の大量退職を控え、匠(たくみ)の技をデジタル化し、デジタル技術による日々のカイゼン業務の向上、品質の担保を図る。
④住宅設備メーカー:脱流通を掲げ、他社サービスを活用した新たなマネタイズを考案、自社のコアを守った上でのビジネス変革を実現。

 「DX推進には様々なステージに合わせ、社内外の必要なリソースを組み合わせながら、取り組んでいくことが重要です」と橘氏は強調した。

お問い合わせ