ビジネスパーソンの週末旅 クルーズトレインで極上の非日常時間を楽しむ

ビジネスパーソンの週末旅 クルーズトレインで極上の非日常時間を楽しむ

鉄道を単なる移動手段として利用するのではなく、客室の空間や車内で過ごす時間を満喫するクルーズトレインが、新しい旅のカタチとして注目を集めている。中でもJR東日本の「TRAIN SUITE(トランスイート) 四季島」は、贅をつくした客室の雰囲気や上質なサービスを堪能できるとあって、常に予約が埋まっているという人気ぶり。そんな「TRAIN SUITE 四季島」で過ごす極上の時間は、記念日など大切な人への贈り物としても、自分自身を解放する週末旅としても最高の感動体験になるはずだ。

仕事で成果を出しているビジネスパーソンこそ、オンとオフの切り替えが上手なものだ。オフタイムに、喧騒や忙しさから離れ、頭と心を切り替えることで、オンタイムに最高のパフォーマンスを発揮できるのである。

とはいえ、日頃、多忙を極めていて、まとまった休みを取るのが難しい。だからこそ、休日は上質な空間の中、時の流れに身をまかせ、ゆっくりとした時間を過ごしたい。

「TRAIN SUITE 四季島」は、そんな休日を過ごすのに最適なクルーズトレイン。美しいインテリアに彩られた極上の居住空間、ホスピタリティの行き届いたサービス、専属の総料理長が旅先の旬の食材を用い、車内で調理する料理等々――、この列車で味わえる全ては“一流”という言葉で賞賛するにふさわしいクオリティなのである。

また「深遊探訪(しんゆうたんぼう)」というコンセプトの元で用意された旅先での体験は、いずれも大人の感性を刺激し、成熟した知的好奇心を満たしてくれるスペシャルなものばかりだ。

そんな「人生最高の体験と発見」を味わせてくれる「TRAIN SUITE 四季島」の旅だが、自らのためだけでなく、パートナーや両親など、かけがえのない相手に日頃、忙しくて伝えられない感謝の気持ちを伝えるのにも最適。列車内という非日常かつ、極上のプライベート空間で過ごす贅沢な時間は、一生忘れられない特別な思い出になるはずだ。

1 2