日経ビジネス 電子版SPECIAL

この先の企業不動産マネジメントセミナー 企業価値を上げるためのCRE戦略とは この先の企業不動産マネジメントセミナー 企業価値を上げるためのCRE戦略とは

資産効率や生産性の向上などの経営課題解決に向けて、CRE(企業不動産)をどう生かすか――。企業価値の向上を目指したCRE戦略の必要性が問われている。不動産市況が堅調に推移する“今”は、戦略に基づき手を打つ好機。CREへの向き合い方を、3人の専門家がそれぞれの立場で説いた。

特別講演 データから見る
企業不動産活用戦略

板谷 敏正

プロパティデータバンク
代表取締役社長
博士(工学)
芝浦工業大学客員教授
板谷 敏正

日本のCRE(企業不動産)には2つの社会的課題があるという。一つは、資産効率の低さだ。プロパティデータバンクの板谷氏は「バランスシートに占める不動産の割合は欧米企業の同業種に比べ3倍ほど多い」と指摘する。これに伴いROA(総資産利益率)も欧米企業に比べると低い。

もう一つは、生産性の低さだ。付加価値1単位当たりの労働投入量を、米国企業を1として産業別に比べると、日本企業は多くの分野でその2~3倍に達するという。

この2つの課題を、CREの活用で解決できると板谷氏は言う。

「資産効率の向上にはCREの売却が有効です。売却額を借入金の返済に充てれば、バランスシートのスリム化を図れる。本業の設備投資に回せば、バランスシートは変わらないが、利益を増やすことができます」

ただ、企業が取り得る戦略は多様だという。「ロケーションや財務面からポートフォリオマネジメントの視点に立って、最も有利な選択肢を選ぶ必要がある」と板谷氏。

生産性の向上にはワークプレイス改革が有効だ。その役割は情報処理から知識創造に変わってきた。立地はサードプレイスやリゾートなども含め広域に考えていきたい。

板谷氏は最後に、資産管理業務の効率化を支援する不動産のクラウドサービスとデータサイエンスの活用例を紹介。「CREの果たす役目は大きい。財務戦略と連携し、ポートフォリオの視点で考え、最も有利な選択をしたい」と総括した。

板谷氏の講演に関する資料は
次ページでダウンロード

企業の価値を上げるために「今」できることとは? 東急リバブル  柿沼 徹也 氏 A.T.カーニー  梅澤 高明 氏 二人の講演は次ページから▶︎

次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BP社が登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。
表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。