増大するセキュリティリスク データ爆発時代、ビジネスを加速する最適な通信環境とは?

インターネットVPNで企業のデータは本当に安全といえるのか

ビジネスに欠かせないものとなったインターネット。一方、オープンに誰でもアクセスできるがゆえ、便利さと表裏一体に存在するのがセキュリティリスクだ。個人のプライバシーにかかわる情報や、企業内に閉じておくべき情報などは、インターネット経由での受け渡し/取り扱いは控えるべきという考えが一般的になっている。

この考え方のもと、企業の拠点間通信インフラとして採用されてきたのが「VPN(Virtual Private Network)」である。特にインターネット回線を仮想的に専用回線として利用する「インターネットVPN」は、比較的安価なコストで、一定のセキュリティを保った通信環境を用意することができるため、幅広い企業に活用されている。

しかし、業務で扱われる機密情報が増える中、近年はそれらを狙ったサイバー攻撃がますます悪質化、巧妙化している。対策の手薄な企業のシステムを「踏み台」にする攻撃も多発しており、もはやどんな企業も、情報漏洩などのリスクと無縁ではいられない時代になっている。

さらには、業務上のニーズも大きく変化。クラウドが普及し、音声・動画などの大容量ファイルが日常的に扱われるようになった現在の状況は、既存の企業ネットワークが想定してこなかったものであり、通信遅延などの不具合も頻発するようになっている。

こうした中、果たしてインターネットVPNは、引き続きビジネスを支えるネットワークとしてあり続けられるのか。VPN活用の現状と、今選ぶべきサービスについて考えてみよう。


NEXT 増加するデータ、高まるリスク……最適な通信環境は

次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BP社が登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。
表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。