転換期を迎えた企業の人財育成
学びの“ニューノーマル”を展望する

企業の研修プロトコルを大きく変えたコロナ。従来の集合研修はオンライン型のバーチャル研修へと切り替わり、企業においても個人にとっても学びの環境は一変した。実際オンラインの有用性は高く、ポストコロナ時代になってもその流れは続くだろうと見られている。一方で、リアルな場に集まって学ぶことの価値が見直されつつあるのも事実だ。今だからこそ見えてきた、オンラインと集合研修によるブレンデッドラーニングの意義について、サイコム・ブレインズ代表取締役社長の西田忠康氏と、KDDIラーニング代表取締役社長の土橋明氏に語っていただいた。

※本対談はウェブ会議システムを活用し実施しました

企業研修の最新トレンドをチェック!オンラインを活用した効果的な研修プログラムの作り方とは?

バーチャル研修の成否を分ける
インタラクティブ性

──サイコム・ブレインズ様、KDDIラーニング様の事業概要と、現在注力していることを教えてください。

サイコム・ブレインズ株式会社
代表取締役社長 西田 忠康 氏

西田 サイコム・ブレインズは、1996年に設立した研修会社です。企業に向けて人財育成や組織開発のプログラムを企画し、講師やファシリテーター、コンテンツなどをコーディネートしてご提供しています。近年特に注力しているのは、ICTを活用してどんな状況下でも学び続けることのできる環境やコンテンツを整備することです。以前から進めていたことではありますが、コロナ禍でそれが一気に加速した状況です。

土橋 KDDIラーニングは、KDDIの人財育成部門の一部が独立して2019年4月に設立。今年4月の宿泊研修施設「LINK FOREST」のオープンを皮切りに、業務をスタートしました。事業内容としては、研修事業、教育プラットフォーム事業、施設運営事業の3本柱を掲げています。開業と同時にコロナ禍に見舞われ、現在は研修をオンラインに切り替えている状況ですが、そこで生じた課題を今後どう研修運用に反映し、より深い学びにつなげていけるかを常に考え、探求しています。

──集合研修の実施が困難な今、ご両社が企業を支援される場面も多かったと思います。対応を通じて改めて気づいたことなどをお話しいただけますか。

西田 4月の緊急事態宣言の前後から、ほとんどの集合研修がキャンセルあるいは延期されましたが、どの企業さんも研修をやめるわけにはいきません。そこでZoom、Webex、Teams といったウェブ会議のプラットフォームを活用した研修が、代替の手段として一気に普及が進み、我々もその実施を支援しています。リアルな場で行う研修と同じようにディスカッションなど双方向性の高い研修がリモート環境で、いわば仮想の研修室で実施できる。当社ではこのようなオンライン研修を「バーチャル研修」と呼んでいます。ただ、集合研修のようにみんなで集まるからこそ生まれる受講者どうしの連帯感のようなものをオンラインで実現するのはまだ難しく、そこはもっとクリエイティブに工夫していきたいと考えています。また同時に、在宅勤務・テレワークの中で社員の自律的な学習をどう支援するかということも、改めて重要な課題として取り組んでいます。

KDDIラーニング株式会社
代表取締役社長 土橋 明 氏

土橋 当社の場合は、急遽オンライン研修に舵を切ったこともあり、その環境整備やコンテンツの用意、講師の習熟で精いっぱいだったというのが正直なところです。実際にオンライン研修をやってみると、当初講師からは「研修者の顔が直接見えないのでやりにくい」「機器操作に不慣れで研修に集中できない」との声も上がってきました。また、集合研修であれば休憩中などに生まれる受講者同士の気軽なコミュニケーションが、オンライン研修ではないので、相互の学びや絆が深まりにくいという問題もあります。オンライン研修でも講師と受講者、あるいは受講者同士のつながりを強めていく仕掛けを考えていく必要があると考えています。

西田 一方で、多くの人がウェブ会議に慣れてきたことから、バーチャル研修にも新たな試みが行われているのも事実です。当社が提供するバーチャル研修でも、ウェブ会議システムの様々な機能、たとえば参加者を少人数のグループに分ける機能を活用して、ディスカッションやロールプレイングといったインタラクティブなワークを取り入れたり、録画機能を活用してスキルの習熟度のアセスメントを実施しています。グループによる学習だけでなく、研修の後で個別のコーチングセッションを実施した企業もありました。そのような試行錯誤をしながら、オンライン研修においても連帯感や気づき、モチベーションアップといったヒューマンな要素をより高めていくことが、これからの課題といえますね。

オンラインと集合研修を組み合わせた“ブレンデッドラーニング”が今後の主流に
自社で実施する際のノウハウ動画も次ページで公開!

企業研修の最新トレンドをチェック!
オンラインを活用した効果的な
研修プログラムの作り方とは?

次ページ以降をお読みいただいた方については、日経BPが登録情報をとりまとめ、クリック後に表示される当該企業に第三者提供します。
表示される説明文をお読みいただき、ご同意の上ご利用ください。